9 / 306

⑧16歳。はじまりは突然で・。

 激昂する花音にさしたる問題はないと突っぱねる母さんはやはり肝が座っているというか何というか……。  それともただ単純に花音の怒りを察していないだけなのか……。  もしそうなら、この場の空気を読んでくれ母さん!! 「なんでそうなんの?」 「なんでって……仕方ないでしょう? 貴方たちの大切なお祖父様の遺言なんだもの」 「そんなの知らないわよ!! お祖父さんのことは知ってるけど……でも、相手のことも良く知らないのに勝手に許嫁とか決められたくない!!」 「あら? 月夜くんのことは母さんよく知っているわよ? 華道家のご嫡男でね、あなたたちと同じ年齢よ。たしか、あのとてつもない競争率を誇る、峰空(ほうくう)高校に在学してるのよ。とてもカッコイイし、礼儀正しいし、言うことないと思うのよ……」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

余命宣告された青年が季節を想い、最後の言葉を探すお話「──壊れるくらいに愛してる」
268リアクション
47話 / 13,006文字 / 199
2018/2/12 更新
連載中
Ωの箱庭
『オメガの巣作り』話のまとめ。短編集。
1,215リアクション
69話 / 55,296文字 / 283
2019/7/24 更新
R18/刑事×平凡少年/体格差/無理矢理からの溺愛/年齢差
997リアクション
12話 / 12,572文字 / 1,747
2018/8/8 更新
夏の宵闇に僕が見た衝撃の光景
86リアクション
8話 / 9,992文字 / 218
2018/8/16 更新
人生の岐路、二つの道のどちらかを選択しなければならない。例えどちらも荊の道であっても…。
39リアクション
12話 / 9,993文字 / 20
2018/10/24 更新
同居人は、一目惚れした担任の先生でした。
5,267リアクション
141話 / 135,820文字 / 79
8時間前 更新