8 / 306

⑦16歳。まじまりは突然で…。

 パックリと口を開け、放心状態の俺と花音。  そんな俺たちの前に、母さんが突き出したものは父方の、祖父の手紙だった。 『篠崎家の長女、花音が16になった後、葉桜家嫡男である月夜くんと許婚の仲となることとする』  ――たったそれだけの簡単な文は達筆な文字で書かれていた。 「ちょっと待って!! あたしそんなの()いてないっ!!」  大声で父さんと母さんに抗議したのはもちろん花音だ。  花音は顔を真っ赤にして怒っている。  普段、陶器のような白い肌をしているだけに、どれだけ憤慨(ふんがい)しているのかがよくわかる。 「あらあら、言い忘れてたみたいね。ごめんなさい。まあでもこうなっているのは仕方のないことだし、お嫁さんにいってね花音」 『言い忘れてた』って、母さん。 そんな大事なことを、『ごめん忘れてた』で済ますのかよ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ファンタジー。不老不死の性欲なし一族×捕らえられた罪人。
63リアクション
14話 / 34,668文字 / 532
2017/4/30 更新
勉強教えてくんない? 勉強だけが取り柄のオレに突然差しだされた手。学園の王様、土御門春樹。
479リアクション
39話 / 115,576文字
2017/8/6 更新
漆黒の王が心を許したのは人の子──大切な者と心つなぐ恋のお話
92リアクション
33話 / 17,784文字 / 348
2018/8/13 更新
【R18】お菓子メーカーに届けられた1通の予告状から始まるラブロマンス!?
79リアクション
9話 / 10,000文字 / 164
2018/9/28 更新
いろんなシチュエーションのSSを不定期で連載します
32リアクション
234話 / 226,152文字 / 0
4/5 更新
不幸なΩを救い上げたのは……、極道α!?
8リアクション
37話 / 12,780文字 / 0
9時間前 更新