7 / 306

⑥16歳。はじまりは突然で…。

 そこへ母さんがまたまた口を開いた。 「お父様の遺言なんだもの。仕方ないじゃない……ってあら? どうしたの二人とも。もしかして言ってなかったかしら?」  硬直する俺と花音をよそに、母さんは瞬きを繰り返し、交互に見つめ返してくる。 「誰と誰が?」  花音が開きっぱなしの口をなんとか元に戻し、口を動かした。  俺はますます眉間に皺を寄せ、母さんと父さんーーそして自分の手元にある手渡された礼服を見る。 「もちろん、花音と葉桜 月夜(はざくら つきや)くんよ」  母さんはにっこりと満面の笑顔を浮かべ、さも当たり前のように胸張ってそう言った。  ――なぁ、母さん。  だけどその人……。  いったい……。  誰ですか?

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

――俺はクリスマスが大嫌いだ!
15リアクション
1話 / 4,580文字 / 61
2016/11/5 更新
妻が出ていき、義弟が匠と娘の家にやって来た。それぞれの境界線とは?
966リアクション
12話 / 10,730文字 / 571
2018/9/19 更新
竜一のオンナになった僕は、内部抗争に巻き込まれ……
1,949リアクション
233話 / 213,360文字 / 339
9時間前 更新
無気力なサラリーマンと無邪気な仙人が囲む食卓
30リアクション
34話 / 9,492文字 / 59
2019/7/22 更新
『人生初』のその瞬間をバッチリ兄に目撃されてしまった末っ子の渚。連行されたのは、次兄の部屋でーー?
36リアクション
3話 / 2,330文字 / 0
1/16 更新
【R18】水泳部部長×純情マネージャー 二人だけの秘密のミーティング
16リアクション
20話 / 14,664文字 / 0
19時間前 更新