6 / 306

⑤16歳。はじまりは突然で…。

「お母さん。これ、なに?」  満面の笑みを浮かべる母さんに花音が尋ねたその声音はいつもよりずっと低かった。  黒のスーツとフリフリの純白ワンピース。  このふたつを目にしただけでも嫌な予感しかしない。 「やあね~、見ればわかるでしょう? 礼服よ!!」  ……礼服? 「なんのための?」 「なにするの?」 『当然でしょう?』と胸張って答えた母さん。  今度は俺と花音の声がダブった。  さすがは双子だ。息もぴったりだな。  ――って、感心している場合じゃない!!  俺はキョトンとしている母さんと父さんを交互に見つめた。  しばらくの沈黙がリビングを漂う。  その中で、今度は父さんが口を開いた。 「そりゃアレだよ、花音。お前の婚姻相手の……」 「っはあああああっ?」 「はあっ?」  父さんの言葉を遮ったのは、むろん言うまでもなく花音と俺。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

17リアクション
1話 / 9,838文字 / 116
2018/2/12 更新
フェロモン垂れ流しの惚れた男限定のドS×凛とした漢気溢れる若武者風男子。
25リアクション
23話 / 32,107文字 / 40
2019/1/1 更新
平凡(日本人)が美形(海外俳優)に愛される話
675リアクション
25話 / 33,012文字
2019/12/18 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、恋心を諦められるのか?
3,154リアクション
70話 / 51,014文字 / 34
1/22 更新
遠距離恋愛中の二人、無事一緒に雪を見ることができるのか?
582リアクション
11話 / 8,380文字 / 100
2019/12/23 更新
誰も僕に近づかないで
1,050リアクション
42話 / 38,336文字 / 20
2/21 更新