5 / 306

④16歳。はじまりは突然で…。

「…………」  それで?  これを俺にどうしろと?  差し出された服を凝視する俺は今、さぞや深々と眉間に皺が刻まれていることだろう。  自分でもよくわかる。  俺がこれだとすると……。  いったい花音の袋には何が入っていたんだろうか。  気になって目の端で花音の様子をとらえると――弧を描いた綺麗な眉が眉間に寄っている。  ーーああ、やっぱり花音も俺と同じリアクションだった。  父さんに貰った袋の中身が気になった俺は花音の視線の先を見てみる。  そうしたら……はあ?  俺はますます意味がわからなくなった。  純白のレースと小さなリボンがふんだんに縫い付けられ、フリルがたくさん付いているフリフリのワンピースが一着……。  ーーいや、そりゃね、黒い髪の花音に似合うとは思うけどさ、でもこれはまるで……。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

近付いちゃダメだと言われる先生は優しくて厳しくて、そして甘い。気付いた時にはもう逃げられない
14,540リアクション
128話 / 215,798文字
2/29 更新
君を失ってから世界から色が無くなった。
1,214リアクション
275話 / 432,053文字 / 160
2019/5/12 更新
最優秀賞 学園BL短編小説コンテスト〜卒業〜
【R18】生徒×教師 / 決して、この想いに気づかれてはいけない────
530リアクション
12話 / 10,000文字 / 910
2018/2/12 更新
――…鶴丸、今晩は覚悟しぁがれ 火消し組頭 清之助×鳶宿の奉公人 鶴丸
147リアクション
10話 / 13,316文字 / 64
3/21 更新
異世界転生したら、攻略対象からズブズブに愛されてしまいました。こんな展開アリ?
51リアクション
13話 / 17,967文字 / 209
2019/5/31 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、試練を乗り越えられるのか?
2,233リアクション
38話 / 30,364文字 / 71
2/26 更新