4 / 306

③16歳。はじまりは突然で…。

 可愛い花がそこらじゅうに散らばっているような雰囲気をかもしだしている、ふくよかな体型の母さんは人好きのする陽気な性格だ。  その母さんは水色の大きな袋を俺に差し出した。 「花音、誕生日おめでとう」  対する父さんは落ち着いた雰囲気で、母さんよりもずっと細い体型をしている。  その父さんは桃色の大きな袋を花音に渡した。 「開けてみて?」 「中を見てくれ」  母さんと父さんがプレゼントを早く開けろと俺たちを促す。  二人はリハーサルでもしているかのように声をそろえた。  二人とも夫婦仲が良すぎだろ?  さすがは双子ともいうべきか……。  どうやら花音も思っていることは俺と同じらしい。  俺と花音はそんなふたりに苦笑しながらガサゴソと渡された袋を開けた。  すると中から出てきたのは黒のスーツと真っ赤な蝶ネクタイ。  どこぞの坊ちゃまですか的な服が一着ーー。 「…………」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

オレアルバート・フランシスはどこにでもいる伯爵子息。転生者であること以外は。 ある日朝目覚めたら超絶
2リアクション
8話 / 11,612文字 / 20
2019/7/20 更新
生意気外科医×おしとやか外科看護師
5リアクション
3話 / 1,746文字 / 0
2019/11/19 更新
あの日から始まった二人の毎日――はじまりの恋のアフターストーリー
238リアクション
68話 / 124,097文字 / 0
3/9 更新
侍崩れの蕎麦売りは、ある晩、男の夜鷹に出会う。
236リアクション
10話 / 23,032文字 / 40
1/4 更新
イケメン三兄弟(吸血鬼)×捨てられた青年(人間)
14リアクション
51話 / 41,444文字 / 20
3/31 更新
(後半恐らくR18) 世話好き×変わり者(?) ほのぼのファンタジー
661リアクション
30話 / 18,996文字
4/8 更新