32 / 306

⑯水も滴るーーいい男?

 大事な一人娘……じゃないけどさ、息子を他人の言葉で勝手に編入とか決められていいわけ?  胃のムカつきを覚えながら父さんの方を見ると……。  なんだかとてもやり切れないといった、今まで温厚な父さんからは見たことがないくらいの、険しい表情をしていた。  ……なんだよ。  そんな表情されたらさ。反論できないじゃないか……。 「…………」  しばらくの間、沈黙が続く中、明るい声を出したのは奥さんの早苗さんだった。 「言いたいこともあるかと存じます。ここはいかがでしょう? 当人同士でお話をされては――」 「そうですね。そういたしましょう」  母さんは早苗さんの意見に頷いた。  すると大人たちと俺の格好をした花音も重い腰を上げた。 「詳しいことは月夜に尋ねるといい」  そう言って嘉門さんは座敷から姿を消す。  続いて早苗さん、父さん、花音と部屋を後にする。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

受け溺愛ドS?×ちょっとおバカな平凡
18リアクション
16話 / 7,594文字 / 100
2017/10/26 更新
君は俺の光……息遣いが届くほど近くにいるのに、決して触れてはならない想い人。
1,132リアクション
21話 / 32,586文字 / 267
2/4 更新
森の中で出逢った獣人は強く優しく綺麗な獣人でした。コンテスト続編
1,695リアクション
64話 / 56,461文字 / 397
2019/6/20 更新
大学内では全く接点のない2人。実は、許嫁同士なんです。
89リアクション
1話 / 8,920文字 / 213
2019/9/9 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の願いは、叶うのか?
2,375リアクション
43話 / 34,223文字 / 86
1/22 更新
『俺たちの平行線』の番外SS
50リアクション
2話 / 522文字 / 0
2019/11/30 更新