37 / 306

㉑水も滴るーーいい男?

「…………………」 「…………………」  あまりの恥ずかしさに俺はただ黙って畳の目を見続けた。  静かだ。  静かすぎる。  この沈黙が俺をとても惨めにさせる。  いっそのこと盛大にコケた俺を馬鹿だと笑い、(ののし)ってくれれば楽なのに……。  恥ずかしさと惨めな気持ちでいっぱいになっている俺は、ひたすら黙るしかない。  すると……。 「ぷっ」  吹き出す声によって、長い沈黙は破かれた。  見上げれば唇を必死に噛みしめている月夜がいた。 「……っく。ははっ…………ごめ…………も、だめ…………あはははっ!!」  そうして彼はとうとう堪えられなくなったようだ。  大口を開けて笑った。  ――いや、罵ってもらった方が楽だとは思ったのはたしかだ。  否定はしない。  だけどさ、そんなに笑ってほしいなんて思ってないし。 「……ごめっ……っくく……」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

恋に奥手な2人の仲を取り持つのは九州弁を話す猫
8,601リアクション
526話 / 905,400文字 / 1,981
2019/6/19 更新
旅先で出会ったシスコン御曹司とブラコン妹に振り回されたり振り回す近代文明ファンタジー
1リアクション
12話 / 109,763文字
2019/1/5 更新
初めて彼と喧嘩をした。
88リアクション
5話 / 3,577文字 / 162
2019/1/18 更新
初めて本当の恋をした・・・・。『明日に光を』スピンオフ作品
65リアクション
48話 / 64,198文字 / 68
1/22 更新
世界は自分に優しいのかもって、ほんの少しだけ思えた。
80リアクション
1話 / 1,704文字
2019/9/2 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の願いは、叶うのか?
2,375リアクション
43話 / 34,223文字 / 86
1/22 更新