36 / 306

⑳水も滴るーーいい男?

「大丈夫? 怪我は?」  ――あれ?  大きな音と共に畳に倒れたはずの俺。  ――それなのに、いったいどうしたことか。  覚悟していたほどの衝撃がない。  俺を心配する優しい声の方へと目線を上げれば、眉根を寄せて俺を見つめる月夜の顔が間近にあった。  彼の両手が俺の腰に回っている。  どうやら俺を受け止めてくれたらしい。  ……へぇ、月夜って細いのに俺を受け止めるなんて結構力があるんだ。  儚いっていうのは雰囲気だけなのか……。 「…………」  ……って、何を考えているんだよ俺! 「へいきです!! 庭、行きましょう!!」  恥ずかしくて月夜を押しのける。  再び膝に力を入れると――。  また、足に力が入らなくなった。  畳に両手をつく。 「…………………」  ……恥ずかしい。  一度ならず二度までも、他人に失態を見せるなんて!!  穴があったら入りたい。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

「捨て猫」から「恋猫(人)」になるまで━━
202リアクション
82話 / 68,439文字 / 159
2018/10/2 更新
入選 〜Summer Love〜真夏のBL短編小説コンテスト
刑事さんと、男子大学生の恋です。
149リアクション
16話 / 6,060文字 / 214
2017/8/1 更新
執事アランと主人ガブリエルの二人の愛の軌跡。
17リアクション
14話 / 6,836文字 / 24
2017/12/17 更新
完結
僕と影
僕は汚れているんだ。だから、あなたの手を取るのが怖い───。
721リアクション
100話 / 97,778文字 / 149
2019/1/26 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の願いは、叶うのか?
2,375リアクション
43話 / 34,223文字 / 86
1/22 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、恋心を諦められるのか?
3,154リアクション
70話 / 51,014文字 / 34
1/22 更新