39 / 306

㉓水も滴るーーいい男?

 優しく教えてくれるけれど、俺はやっぱり素直にはなれなくて、月夜を睨んだまま、だけど彼の言葉に従った。  ……若干、足の痛みはなくなった。  もういい頃合だろうと膝を立てて歩いてみる。  まだ足の痺れはあるものの、さっきのようにコケることもない。  ほっとひと息つき、月夜の方を振り向けば――彼は俺のすぐ後ろに立っていた。  笑顔には違いないが、さっきの笑顔とは違う。  目を細め、こちらをじっと見つめている。  月夜の視線と俺の視線がぶつかる。  なぜだろう。  視線が重なっただけだっていうのに、体が熱くなった。  ――なぜ? 知らない。  わからない。  だけどそれは恥ずかしいという感情に似ているのかもしれない。  俺のことをすべて見透かそうとしているような……暴こうとしているような真っ直ぐな瞳だから……。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

深い森の先にある洋館で魔物に捕食される
147リアクション
68話 / 374,060文字 / 80
2018/4/30 更新
勉強教えてくんない? 勉強だけが取り柄のオレに突然差しだされた手。学園の王様、土御門春樹。
479リアクション
39話 / 115,576文字
2017/8/6 更新
完結
D E E P
もっと深く、どこまでも深く、貴方とただ一つになりたい。
385リアクション
28話 / 42,955文字 / 295
2019/4/27 更新
ムカつくぐらいのイケメンモテ男、ゆーちんのアプローチに困っています。
19リアクション
11話 / 6,728文字 / 0
2019/7/27 更新
俺のことはアイスコーヒー程度かなあ
1話 / 155文字 / 0
2019/8/8 更新
24リアクション
4話 / 937文字 / 0
2019/11/6 更新