2 / 5

第2話「桜のケーキと青い思い」

リゾートホテル『Pleasant(プレザント) Hills(ヒルズ)』の一階にあるカフェレストラン『bonhuer(ボヌール)』 その厨房へと続く扉が押し開けられると、ティータイムの賑わいが一気に流れ込んでくる。大股で扉をくぐり抜けた男は、大きな冷蔵庫を覗き込んでいる長身の男に歩み寄った。 「悠木(ゆうき)君」 「オーナー」 「お客さんからご指名入ったよ。美味しいケーキのお礼を作ったパティシエさんに直接言いたいって」 桜介(おうすけ)は、ニコリと微笑み冷蔵庫を閉じた。エプロンを外し、言われたとおり八番のテーブルに向かう。二人掛けテーブルの手前の椅子に、スーツ姿の男性が背を向けて座っていた。十数年前は男性がひとりでケーキなど食べていようものなら、女々しいだなんだと散々に言われたものだが、最近は男性のひとり客も珍しくなくなった。女性客に褒められるのはもちろん嬉しいが、男性客の褒め言葉はその数倍も嬉しい。しかも、この客が食べて気に入ったという『桜のゼリームース』は、桜介が一から作ったこの春の新作だ。 「お待たせいたしました。パティシエの悠木と申します」 桜介は丸いテーブルの脇に立ち、コック帽ごと丁寧に頭を下げた。テーブルの上に組まれた手が目に入り、綺麗な指をしているな、なんて思う。ゆっくりと姿勢を正し、桜介は呼吸を止めた。 「悠木……」 「あ、綾瀬(あやせ)……!」 そこにいたのは、桜介の初恋の相手、綾瀬桐人(きりと)だった。 「久しぶり……でも、ないか」 桐人が、ぎこちなく笑った。 「座れよ」 「そういうわけには……」 「仕事中だもんな。押しかけてごめん」 正しい返答が分からず、桜介はただじっと佇む。 「メール、送ってたんだぜ」 「……」 「電話だって何回も、した」 気づいていた。気づいていて、桜介は何もできなかった。メールを返すことも、電話に出ることも、電話を折り返すことも、留守電を聞くことさえも。そして当然ながら、桜介が桐人の連絡に気づいていて無視していたことに、桐人自身も気づいていた。 「あの日、なんでいなくなったんだ?」 「……」 「トイレ行ってる隙に逃げて音信不通、なんてさあ」 「……」 「あれから俺のこと考えたりした?」 「……」 「俺は何度も考えたよ」 「……」 「俺のちんこ咥えこんで善がる悠木の顔を思い出して、何回も抜いた」 「え……」 桜介は、初めて身動いだ。まさか桐人は、自分を〝オカズ〟にしたというのか。 「な、んで……」 「悠木だからだよ」 「俺……?」 「好きだ」 「……」 「ずっと、出会った時から好きだった」 「……」 「まさか応えてもらえるなんて思ってない」 「……」 「でも、無視されるのは本当に辛い……から」 「……」 「友達として、また会ってもらえると嬉しい」 桐人の紡ぎ出す言葉はとても弱々しく、震えていた。どれだけの勇気を持ってここに来たのか。どれだけの覚悟を持って思いを告げたのか。逃げてばかりいた桜介には、想像もつかない。 「悠木!」 桜介の白い背中が、どんどん遠ざかっていく。桐人はただ呆然と見送ることしかできなかった。 受け入れてくれなくていい。口ではそんなことを言いながら、ほんの少し期待していた。自分を見つめる桜介の瞳に、媚薬のせいではないなにかが込められている気がしていた。でもそれはすべて桐人の独りよがりだった。 向けられた背中が、桜介の答え。 わかっていたはずなのに――辛い。こんなことになるなら、あの時思いを告げておけばよかった。 あの時……いつだ? 高校の入学式ですれ違った時? 高校の卒業式で一緒に咽び泣いた時? 同窓会で再会した時? 会社の硬いソファの上で乱れに乱れ合った時? どれも過去だ。もう二度とやり直せない――過去。 「綾瀬」 コト、と小さな音がして、テーブルに一枚の皿がそっと乗せられた。その上には、鮮やかなブルーのゼリー。 「夏の新作、の試作品」 「は……?」 「ヨーグルトケーキ……の上の部分になる、かもしれないゼリー」 桜介がたどたどしく説明する。 「それ、食べて待っててくれ」 「えっ……?」 「五時には上がれる、から」 桐人は、素早く瞬きする。コック帽を支える桜介の耳が真っ赤だった。 「悠木!」 踵を返した桜介の背を呼び止める。ビクリと跳ねた身体は、それでも振り返ろうとはしない。桐人は、逸る気持ちを抑えながら静かに語りかけた。 「俺、期待しちゃうぜ。いいの……?」 「……」 「ゆう――」 「メールするから」 「えっ?」 「返事遅くなってごめん」 「え、え?」 桜介の長い影は、あっという間に厨房に吸い込まれ見えなくなった。混乱した頭を必死に整理しようとするが、桐人にはよくわからない。ふいに、テーブルに置いていた黒いスマートフォンが震えた。 桜介からのメールだ。 慌てて開封し、視線を左から右に這わせる。桐人は、それを二度繰り返し、両手で顔を覆った。 「ずっる……!」 どこまでもずるい男だ。 逃げるだけで逃げておいて、こんな仕打ち。 『俺もずっと綾瀬が好きだった』 fin
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!