虹蛇作者: 鬼兩

55 / 64

第6話 天谷、日下部、小宮の高校時代22p

 声の主は天谷だった。 「ちょ、お前、そんな風に言ったら余計に泣くだろ!」  そう言う日下部を無視して天谷は女の子の前まで近づくと、しゃがみ込んで女の子の顔を見た。  女の子の方も天谷の顔を見ている。  天谷を見る女の子の顔は驚いたような表情が浮かんでいた。  女の子の口から、はぁ、っとため息が漏れた。  天谷は女の子をキッと睨む。 「泣く子は嫌われるぞ」  そう言うと、天谷は女の子のおでこを指先でそっと押した。  そして、その手を女の子の頭に載せると乱暴に髪を掻きまわした。  女の子は何とも言えない様な顔をする。  そんな女の子の顔を見て、天谷は、「なにその顔、変な顔」と言うと、くすりと笑った。  その天谷の笑顔に女の子は目を見開く。  日下部も天谷の笑顔にハッとした。  日下部はとても珍しい物を見た気分だった。  夢でも見ている様な顔で日下部は天谷を見た。  それは女の子も同じだった。  日下部も女の子もつまるところ天谷に見とれたのだが、本人たちはその事に気付いていなかった。  女の子は、少しの間天谷の顔を見ていてたが、やがて、手で涙を拭くと、天谷に両腕を差し出して、「抱っこ」と赤い顔で言った。  その光景を見て日下部は驚いた。 (あのガキを手なずけた? たいした女だぜ、魔女か、あいつは?)  日下部は天谷にすっかり感心していた。    天谷は仕方ないなと女の子を抱き上げた。  その瞬間、天谷は顔を歪めて「痛い!」と声を上げる。 「どうした」  日下部が訊くと天谷は「腕が痛くて」と答えた。 「腕? あ、もしかして、さっき俺があんたの腕を掴んだ時に痛めたのかも……俺のせいだな」  日下部は申し訳なさそうにそう言う。 「いや、腕は多分窓から飛び降りた時に捻ったんだと思う。君のせいじゃないよ」 「はぁ、窓から飛び降りただって? あんたは一体どういうやつだよ」  呆れる日下部に天谷はけろりとして「どうって、君に比べたら普通だと思うけど」と答えた。 「どういう意味だよ」と日下部が言うと、「さっき、予備室で……」と顔を赤くして天谷が言う。 「いや、だから、あれはアクシデントで、わざとじゃないから」 「そうなのか?」 「決まってるだろ!」 「そう……だよな。うん、分かった」 「お、おい、その事は置いておいて、その子かせよ、俺が抱くから。その手じゃ無理だろ」  日下部がそう言うと、女の子は天谷に縋りついて、天谷から離れないぞと言う意思を日下部に見せつける。 「ダメだぞ、こっちにおいで。そいつは怪我してるから抱っこは無理だよ」  日下部が優しく言って聞かせるが、女の子は激しく首を振り「嫌、お姉さんがいい!」の一点張りを通した。  お姉さんと呼ばれた天谷は苦笑いをしていた。 「お姉さんか、ははっ……。良い子にしてたらこのまま抱っこしててあげる」  天谷が言うと、女の子は、うん、と頷いた。 「このまま抱いてインフォメーションまで連れてくよ」  天谷が言うと日下部は心配そうに「手、大丈夫なのかよ」と言った。 「こんなの、何てことないよ。行こう」 「あんたがそう言うなら分かったよ。でも、辛かったら言えよ」 「うん」  日下部と天谷は女の子を連れてインフォメーションを目指した。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

いつかきっと、そんな日が来ることを、の浩貴くんと翔多くんの初めてのエッチのお話です。
104リアクション
24話 / 16,528文字 / 136
2017/9/13 更新
ヤクザ面の純情童貞×腹黒美人ビッチ先輩
306リアクション
15話 / 61,827文字 / 835
6/25 更新
しゃっくりを止めるには?驚かせればいい。SSです。
54リアクション
2話 / 1,750文字 / 147
2018/4/24 更新
ロッカーの中に閉じ込められた。
230リアクション
10話 / 8,044文字 / 396
4/18 更新
19リアクション
3話 / 1,740文字 / 120
5/25 更新
夏のジャズ研恋愛未満SS
1話 / 1,557文字 / 0
5/24 更新