9 / 33

第8話

少しすると、優紀は自分から腰を振り始めた。 「…あ…っ…ふ…っ…ん…っ…」 こうなると、俺が動かなくても優紀が勝手に動いてくれる。 優紀の中は熱くうねり…まるで俺を誘っているようだ。 だが、その潤んだ瞳は俺を見ない。 (………くそっ) 苛立った俺は、仰向けで喘いでいる優紀の右足を持ち上げ、俺の左肩に置いて足を閉じる事ができないようにした。 そうすると、俺の指を三本、根元まで呑み込んでいる優紀の孔がよく見える。 その淫猥な光景に、俺は生唾を飲み込む。 その時だ。 「…あ…っ…に…ぃ…さ…」 優紀の呟く声が聞こえた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

R18「先輩の事が好きです!」突如現れた大型ワンコに何故か懐かれた。 年下ワンコ×先輩
3,967リアクション
94話 / 94,186文字 / 1,082
2017/6/17 更新
入選 テーマ縛り短編小説コンテスト ~ 結婚 ~
一夜限りの相手に選んだのは、初恋の人にそっくりなのに、性格は真逆なツンデレクールビューティ
215リアクション
8話 / 4,998文字 / 600
2017/7/2 更新
うちの子たちの誕生日。それぞれのカップルに、一体何が起こるのか……?
546リアクション
28話 / 19,831文字 / 224
2017/9/26 更新
小心者な主人公・海里がとある声の王子様と出逢い、不眠症を克服していくピュアラブストーリー。
269リアクション
51話 / 21,421文字 / 264
2017/11/14 更新
こいつ、なんで俺みたいな奴に話しかけてくるんだ?
148リアクション
6話 / 17,066文字 / 394
2018/3/16 更新
芝草瑛太郎は、ずっと傍にいた。瀧澤浩志には当たり前だったが、芝草には抑え続けた想いがあった。