13 / 14

13

カッコ悪ぃ。 久重があの時の自分を気にかけてくれていたことが、こんなにも恥ずかしい。 目の前で友人と親しげに手話で会話をしていた、ただそれだけのことに疎外感を感じて。 自分以外の人間と楽しそうにしているその様子に嫉妬して。 それを隠しきれずに態度に出してしまい、久重に心配かけるなんて…穴があったら入りたいくらいだ。 だけど…それ以上に何がカッコ悪いかって、同様に『嬉しい』と感じていることだ。 気にかけてくれて、会いに来てくれて嬉しいとか、ほんとどうしようもない。 なんだこれ。 構ってちゃんかよ、俺。 「う゛~…」 顔を隠して唸っていれば、手首にソッと触れる温かい手。 「ふあさん、あおみえて(不破さん、顔見せて)」 控えめに告げてくる声に不破はゆっくりと顔を上げた。そこには心配そうに見つめてくる久重の綺麗な顔。僅かに揺れる瞳に自分の姿を確認して一気に顔が熱くなった。 耳まで熱い、ぜってぇ真っ赤だ俺。 「あいあとう(ありがとう)」 微笑みながらお礼を言われる。 「待って」 触れていた手が離れて行こうとするのを咄嗟に掴んで引き留めた。「ふあさん?」と不思議そうに瞬きする久重の細く白い手。 自分より少し小さな手が堪らなく愛しい。 この手が紡ぐ言葉を読みたい。 筆談ではなく、自分の言葉は顔を見つめて伝えたい。 そんな想いを込めて温かな手を両手で包んだ。 『何と言ったのですか?』 「え…?」 片手を不破に掴まれたまま、久重がノートにサラサラと文字を並べた。 『水族館でもこうして手を握られました。あの時、何と言ったのですか?』 「それは、」 不破は僅かに動揺し視線を反らした。 まさか気づいていたなんて。 あの日、幻想的な水槽に魅入っていた久重。水槽に映るその姿はどこか儚げで、胸が苦しくなるほど綺麗で。 水槽に添えられた手に手を重ね告げた言葉。 それは久重が聴こえないと分かっていたから口にした本心。 「…………」 真っ直ぐに向けられる久重の視線。 『外、出ようか』 不破がノートにそう綴ると、久重はゆっくりと頷いた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!