11 / 11

四話【根拠(下)】~了~

 まるで懇願するよう見上げたオレに対し、相田は答える。 「恋愛とは……どちらか片方だけが努力をするのは好ましくないらしい」 「どういうこと……?」 「そうだな……ふむ」  相田は悩むような素振りを見せると、何かが思い付いたらしく……一度、頷いた。 「恋愛の基礎であるキスを、君としてみたい」 「キ、キス……ッ!」 「嫌か?」  嫌なわけ、ない。  相田とキスができるなら、嬉しいに決まってる。  オレは相田から視線を逸らして、俯く。 「イヤ、じゃ……ない」 「なら、決まりだ」  ほんの少しだけ離れた、オレと相田の距離。  それでも、キスをするには離れすぎている。  どうしたらいいのか分からず俯いていると、相田の声が頭上から降ってきた。 「半歩でいい。自分に近付いて欲しい」 「……半歩?」 「あぁ」  どうして、一歩じゃないんだろう。オレが一歩近付けば、キスできる距離にはなる。  相田の顔を見上げると、相田はもう一度メガネを指で押し上げた。 「自分も半歩、君に近付く」  そう言われて、何となく相田の考えが分かった気がする。  きっとそれは、相田なりの努力なんだろう。  どちらか片方が一歩踏み込んだら、踏み込まなかった方は努力をしていない。だったら、二人で半歩ずつ近付けばいい……そういうことを、相田は言いたいんだ。  それはそれで、恥ずかしい……でも。  オレは、相田に向けて半歩……踏み込んだ。  そして相田の足も、オレに向かって半歩踏み込まれる。 「傘野……顔を、上げて欲しい」 「……っ」  ギュッと目を閉じて、相田の方を見上げた。 「……いいな」  相田が一言呟くと、唇に……柔らかくて、温かいものが触れる。  そのぬくもりは一瞬で離れて、目を開けると……満足そうに笑っている相田と、目が合った。 「次は相合傘でもしてみようか」  相田の声が、妙に弾んでいる。  本当に、こんなので好きかどうかの証明になるのか……オレには分からない。  ――だけど。  オレは自分の胸に手を当てる。  痛いくらいにドキドキしている心臓が、相田の納得する根拠ならいいのにな……そう、思えた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ヤクザの朽木は、情報屋の若い男・翔吾に出会う。捨て身の彼を放っておけず……
69リアクション
9話 / 9,584文字 / 8
2019/7/15 更新
会社員×自由業の2人の、曖昧な関係のはじまり
65リアクション
18話 / 7,241文字 / 32
2019/6/22 更新
梅雨の時期に彼は、いつもスープを買いに来る
43リアクション
13話 / 5,538文字 / 36
2019/6/20 更新
先輩に誘われて遊びに行ったらおクスリ盛られたお話
165リアクション
4話 / 5,827文字
2019/7/4 更新
販売員サトダユキヒロは客の夏川と親しくなり、想いを告げた。しかし、夏川に曖昧に濁され…
2リアクション
5話 / 6,142文字 / 0
2019/6/29 更新
優秀賞 梅雨のBLコンテスト
永遠にあなたを忘れない。
294リアクション
11話 / 9,290文字 / 277
2019/7/15 更新