13 / 15

XII

翌朝、ワンルームの部屋に目覚まし時計のアラーム音が響く。まだ朝は肌寒く、ベッドから出たくない気持ちに抗って重たい身体を起こす。 手を伸ばしてアラームをオフにすると、立ち上がり直ぐにカーテンを開ける。薄暗い部屋から、一気に日差しの眩しい部屋へと明かりが変化した。 「あー。あんまり会いたくないな…。」 嘘。本音は会いたい。会いたくて仕方ない。 もっと知りたい。貴方の事を。 けれどこれ以上距離が近づくと、また俺は傷付く。 もう未来は分かってるんだ。 振られるって分かってるのに告白するなんて、しかもこれからも会社で会う後輩なのに気まず過ぎる。 「少し時間をずらそう…。」 研修最後の日。 俺は初めて会社を9時ギリギリに出社した。 --- 「おはようございまーす。」 会社に着くと、人が大勢いていつもと違う光景に少し驚く。 「おはよ。今日は遅かったんだ。珍しい。」 同僚が声を掛けてきて挨拶を返す。 「うん…。昨日呑みすぎたかも…。」 苦笑いして返し、デスクに座ると珈琲の入ったマグカップが置いていた。 (淹れてくれてる…。) 頬が緩んだのが自分でも分かった。 犯人は佐竹君に決まってる。彼の顔を頭に浮かばせて、マグカップを手に取り珈琲を啜る。 冷たい…。 きっと何時も通り8時30分に来ると思って淹れたんだろう。それからすでに30分も経っている。 酸化して渋い味が舌に伝わる。喉を伝う珈琲が心を冷ましてく。 「あれ?佐竹君は?」 お礼を言おうと隣のデスクにも、周りを見渡しても彼の姿が見えない。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!