1 / 6

 気づいたら手遅れ。  そんな事はよくある話。  ねぇ、もう一度だけ戻れたのなら…。  そう哀求するのは、あの日から数えてこれで何回目だろうね。後悔を消すには過去に戻らないといけないけれど、未来の知らない過去に戻っても結局同じ。  また笑って。お願い。  もう、ずっと笑えないんだ。お願い。 「ごめん…。」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

全ては過去。大切なのは、その先の未来。
35リアクション
7話 / 3,822文字 / 166
3/6 更新
「僕、人を殺したんです」抉られた番の証と幽霊の話
158リアクション
5話 / 9,875文字 / 100
3時間前 更新
オメガバース、シリアス、三角関係
3リアクション
5話 / 34,180文字 / 0
10/11 更新
あいするきみと、ひとつになりたい。
1リアクション
6話 / 6,691文字 / 0
10/14 更新
義父を犯した兄と、それを目撃した弟。
38リアクション
1話 / 2,083文字 / 40
10/16 更新
完結
タブー
いつもの朝の風景が、なぜだか息苦しく感じた今日。帰宅した和誠は、ようやく違和感の正体に気づきーー…
14リアクション
4話 / 2,735文字 / 0
10/16 更新