51 / 58

亜利馬、初めての生配信

 俺の体調不良で中断となったPinkの続きは、ベッドでの本番シーン撮影が終わってからようやく撮ることができた。シーン同士を繋げば一見日をまたいで撮影したと分かりにくくなっているけれど、よくよく見れば前と後では髪の濡れ具合が違う。「たったそれだけだよ」と獅琉は笑っていたものの……気持ちとしては、最初から撮り直したいくらいだった。  その朝はいつもより早く目を覚まし、洗面所で顔を洗った。冷たい水が肌に気持ち良い。七月三日――今年は例年よりもずっと早く梅雨が明けて、外は三十度近いカンカン照りだ。  朝食は一昨日買ったココア味のシリアルを開封して、おっかなびっくりハムエッグとホットケーキを焼いた。ヨーグルト、良し。サラダ、良し。牛乳、良し。  クローゼットから今日着る予定の服を出して、床の上に畳んでおく。うやむやにされたのではとずっと思っていたけれど、先月の終わりにようやく俺が借りる部屋が決まった。とは言っても504号室。角部屋505号室の獅琉とは隣同士だ。元々荷物も少なかったから引っ越しは簡単で、それよりも大変なのはこれから自分で使う家具を揃えなければならないということだと言われた。何せ、布団もないのだ。  小さめのローテーブルだけは獅琉の物を貸してもらえて、それを使って今日は一人で朝食をとった。少しだけ寂しくなったけど、自立していかないとという気持ちの方が大きい。家賃も安いし、冷蔵庫やレンジ、洗濯機は始めから備え付けの物がある。一人暮らしのスタート地点としては断然易しい方だ。 「亜利馬ー!」  背後から突然獅琉の声がして振り向くと、ベランダの右端から手だけが伸びてブンブンと振られていた。 「獅琉さんっ?」  慌ててガラス戸を開けベランダに出る。見れば、隣のベランダで部屋着の獅琉が笑っていた。 「おはよう、亜利馬」 「おはようございます。どうしたんですか朝から」 「ちゃんと一人暮らしやってるかな、って思ってさ」 「やってますよ。ていうか、やらなきゃ」 「大人になってきたね。偉いね」  優しいお母さんみたいな言い方をされて照れ臭い反面、子供扱いに情けなくなる。 「そうだ、獅琉さん。これまでの光熱費とか色々払わせてください。一か月くらいお世話になっちゃったし、家賃も……」 「いいよそんなの。一か月分なんてどうせ大した額にならないし、俺はお世話してたつもりないもん。それより亜利馬と一緒に過ごせて楽しかったから、それでチャラにしてあげる。あ、それか今度飯奢ってくれればいいよ」  俺は朗らかに笑う獅琉に何度も頭を下げた。これまでのことを思い返せば返すほど、この菩薩のような王子様を拝みたくなる。 「亜利馬、今日の予定は?」 「今日は休みなので、ホームセンターに家具とか見に行こうかなって思ってます。せめて布団くらいは今日中に用意しないと」 「だから昨日、俺の部屋で寝れば良かったのに。床にそのまま寝たんでしょ? 体おかしくするよ」 「正直、フローリングを甘く見てました……」  ふと思い付いて、俺は獅琉に言った。 「いま丁度、朝ごはん作ったとこなんです。良かったら獅琉さんも食べてくださいよ」 「ほんと? やった、行く行く! 待ってて!」  部屋に引っ込んだ獅琉がドタドタと音をたてて走り、玄関を開けて廊下に飛び出し、俺の部屋のドアを開けた。  一分もしないうちにこうやって会える距離だ。 「お邪魔します!」  寂しいなんて思うことはないんだと気付いて、俺は含み笑いをしながら部屋に戻った。  *  シングルサイズの寝具セット、食事用テーブル、カーテン、クッションとか。テレビはまだ要らないかな。  掃除用具、風呂用タオル、傘立てにスリッパ。一から全ての生活用品を揃えるのって、結構大変なんだと初めて知った。実家の便利さを思い出し、足りない脳をフル回転させて家にあった物を思い出す。今思い付かないものほど、気付いた時すぐ必要だったりするのだ。  でも―― 「うーん。後は、また必要になった時メモしておけばいいや」  広くて迷路のようなホームセンターで、俺はカートを押しながらスマホのメモを閉じた。徒歩で行ける距離にこんな便利な店があるなんて流石は都会。俺の田舎じゃこうはいかない。どこへ行くにも車がないと話にならないから、毎回の買い物で「買い忘れ」は許されないことだった。  大きな物は後日の配達を頼み、持って帰れる物だけレジを済ませて店を出ると、尻ポケットの中でスマホが振動した。 「あれ、山野さんからだ。どうしたんだろ……」  重い荷物を腕に引っかけながら片手で通話マークを押し、耳にあてる。 「お疲れ様です、亜利馬です」 〈亜利馬か。今、どこにいる〉 「ホームセンターで買い物してました。部屋用意してもらったので、生活用品とか、色々買ったんですよ」 〈そうか。休みの所悪いが、今から来れるか。なるべく早くだ〉 「い、行けますけど、……何かあったんですかっ?」  山野さんの声は普段と変わらないクールなものだったけど、どことなく切羽詰まっているようにも聞こえた。釣られて、俺まで焦ってしまう。 〈説明は後でする。荷物を持ったままでもいいから来てくれ。後で車で送らせる〉  ここからだとマンションよりもインヘルのビルの方が近い。寝具セットもあったから、正直言って車で運んでもらえるのは助かる。  いや、それより何より、冷静沈着な山野さんが慌てているということの方が重大だ。何かただごとではないトラブルでも起きたのだろうか。嫌な予感に、鼓動が速まってくる。  すぐに行くと伝えてスマホを閉じ、俺はマンションとは反対側の交差点を渡った。 「なっ、は、……」 「生配信だ。インヘルの動画チャンネルのライブだ。今日の午後八時から九時までの一時間。出てくれるな」 「どっ、どうして俺なんですか? そしてなぜ突然っ?」  午後五時。布団にカーテンにその他細々とした生活用品が詰まった袋。それら全てを会議室の隅に置かせてもらったはいいものの、とんでもない話をされて俺はブンブンとかぶりを振った。 「無理です、そんな急に生放送だなんて。絶対無理ですっ」 「お前、色々なことに挑戦したいと言っていただろう。無理だと思えることでも頑張ると言っただろう」 「それは、企画ありきの話ですよっ。俺なんか出したって無言の愛想笑いで終わるだけです!」  無言の愛想笑いならまだ良い。最悪の場合、挙動不審のニヤケ笑いで終わる可能性だって大いにある。 「企画があれば良いんだな」  山野さんがテーブルにパソコンを開き、ぐるりと回して俺に見せた。 「今回のライブではお前へのインタビューとファンからの質問に答えること、それからお前自身の次作の宣伝、ブレイズの動画が月2回ペースで配信されると決まったこと、そして最後にお前からファンへの感謝の気持ちを伝えればいい。たったそれだけだ」  早口で捲し立てられ、頭の中が真っ白になる。 「何で俺なんですか……?」  かろうじて出た疑問をぶつけると、眼鏡の奥で山野さんの目が鋭く光った。 「本来出るはずだった竜介が、夏風邪で喉を壊してな」 「え?」 「スケジュール的にお前しか空いていなかった。ブレイズ代表として頑張ってくれ」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

「大好きだよっ!」の続編。11年後の智と亮介とまわりの人たちの物語
881リアクション
61話 / 140,178文字 / 274
2017/4/11 更新
あきらとはるの5年後。。ひたすら一途に愛し合うふたりなのですが。。
101リアクション
24話 / 19,392文字 / 152
2018/1/4 更新
純粋に兄さんが好きだった。でも……先輩が兄さんに似ていて心惹かれる……。愛しい貴方。オメガバースモノ
28リアクション
6話 / 5,015文字 / 79
2018/11/14 更新
受けが好きすぎる変態の責め、でどうでしょう?
189リアクション
74話 / 59,904文字 / 152
8/30 更新
木曜の夜、窓の外の顔のわからない男に自分が誰なのかを教えられる
1話 / 3,082文字 / 0
5/27 更新
兄が連れてきた新しい恋人は悪い虫でした
603リアクション
9話 / 12,536文字 / 992
10/31 更新