36 / 64

第36話

岬side お仕置き。 その言葉に今まで興味や関心を抱かなかったけど、今の俺ならいい響きに聞こえる。 「っぁうっ、んっ」 「乳首、たってきてるよ」 逃げようとした冬夜を捕まえ、膝の上で愛撫をする。 「んあぁっ」 乳首がぷっくりと膨らんでいるのがシャツ上からでも分かり、押しつぶしてやると、もっともっとと言うように胸を反らして差し出してくる。 「もっと...?」 「っ、」 図星だったのか、涙の膜の張った瞳で睨みつけてくる。 それ、煽ってるようにしか見えないよ…子猫ちゃん。 必死に睨みつける冬夜が可愛いくて、乱暴にキスをする。 「んぅっ」 冬夜はキスが好きみたい。 ちょっと舌で掻き回すだけで、とろとろに溶けて甘い顔を見せる。 サラサラで真っ黒な髪に手を添え、深く深く舌を入れて絡めると、力が抜けてきたのか、体重をこちらに預けるように凭れてきた。 腕で支えつつ、ボタンを外して直接乳首を触る。 「んんっ、ふぅ、んっ」 鼻から抜けるような甘い声にそっと唇を離すと、二人の間に繋がった銀の糸がプツリと切れた。 力が抜けてくてくてになった冬夜をベットに横たえる。 涙でぐしゃぐしゃになった真っ赤な顔に、荒く息を吐く濡れて光る唇、上下する白くてピンクの飾りがついた胸。 乱れた黒い髪も何もかもが可愛い。 ...窮屈そうなズボンを脱がし寛げさせると、慌てたように冬夜が止める。 「やっ、何すんの」 「ほら、苦しそうだから」 「はぁっ!?そ、そんなことねっあぅっ」 「あとは触って欲しそうだから.......」 「こんな所でっっっあっ!?」 クイっと下着をずらすと、冬夜の先走りでぐしょぐしょに濡れた、小さめのものが勢いよく顔を出した。 「ごめん、...痛かった?」 「っ、ふ、」 相当恥ずかしいのか、目を逸らし腕で顔を隠している冬夜。 「可愛い...わかる?ほら、ピンク色」 「やあぁ、っあっ、しご、くなぁっ!」 片手でも充分に扱えるソレを上下に擦ってやると、甘い声で鳴き始める。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

番になる約束をした皐月と詠月だったが、詠月は未だ印をつけようとしてくれなくて──
246リアクション
28話 / 22,413文字 / 350
2017/12/3 更新
アイドルに本気で恋した、純粋でひたむきな少年の『アイドル×純情少年』物語
15リアクション
12話 / 15,091文字 / 54
2017/11/1 更新
これからずっといる為に、俺達はどう向き合っていったらいんだろうな?
76リアクション
20話 / 14,466文字 / 8
2017/8/28 更新
僕の側には、いつも僕を守ってくれる無口な剣士がいる。
1,202リアクション
71話 / 99,737文字 / 341
2018/9/6 更新
SNSの“エロアカ”が幼馴染の壮馬にバレてしまった紘汰。絶交覚悟の紘汰に、壮馬の提案は斜め上で――。
5リアクション
5話 / 2,705文字 / 0
4/3 更新
下級精霊(ニンフ)になった。
19リアクション
8話 / 24,554文字 / 92
7/6 更新