23 / 105

再会⑫

Ωである叶芽がαだらけな聖雷高校に通っているとは思わなかったし、何より申し訳無いがそれほどの学力があるのだと驚いた。 「いやね、仲の良い友達が聖雷の附属中に行っちゃってから寂しくて寂しくて…… で、めちゃくちゃ勉強しまくって頑張ってなんとか入れた」 仲の良い友達と言うのは佑真の事だ。 小学校は一緒だったが、頭の良い彼は聖雷高校の附属中学校へ行ったので離ればなれになった。 中学へ上がると、α、β、Ωの性別の検査が行われる。 Ωだった叶芽は周りから浮いた存在になり、いつも1人だった。 だから、Ωに偏見の無い近所に住む佑真だけが友達だった。 少しでも彼と一緒にいたいと、高校は彼と同じ高校を選んだ。 勿論勉強がとても大変だった。 佑真や父、家庭教師にみっちり詰め込まれ、掴んだ聖雷高校への入学。 その時は死ぬほど嬉しかった。 とは言え特進クラスと普通クラスで別々である。 しかしながら登下校や食事は一緒なので満足だ。 「まぁでも受験勉強頑張り過ぎて今は赤点免れるので精一杯」 受験が終わって念願の聖雷に入った途端ぷっつりと切れてしまって今はちゃんと卒業出来ればなんでも良いと思っている。 「そっか、君も色々大変だね」 聖雷…… 実は渚もこの高校の推薦で行けるだけの実力はあった。 αである事を重視するこの学校。 だからαの渚は試験を受ける以前に実質合格のようなものだった。 しかしこの学校はバイトは禁止。 現在2つのバイトを掛け持ちしている渚には、それは受け入れられない。 それに今の高校よりも距離が断然遠くなるので、夕飯の準備などが遅くなってしまうので、最初から聖雷に行く選択肢はなかった。 例え聖雷へ行ったとしても貧乏な出自の渚には、金持ち校では浮いてしまい、居心地が悪そうだと思う。

ともだちにシェアしよう!