1 / 10

プロローグ・白馬の騎士※

白馬の騎士団。 その訓練場である白い床の上で、二人の騎士が激しくぶつかり合っている。 一人は若い剣士。白い鎧に刻まれた線は新入りであることを示す一本。 一人は壮年の剣士。鎧の線も、熟練の団員であることを示す二本である。 刹那の睨み合いのあと、若い騎士が弾かれたように飛び出した。 引力の如く惹きつけられる二人の身体。若い騎士の放つ強烈な横薙ぎの一撃が、剣で庇った壮年の騎士の身体もろとも揺らがせる。 「さすがだな、ヴィクター。だが…」 しかし男もまた、白馬騎士団に長く所属する卓越した騎士である。瞬間的なパワーやスピードでは負けていても、まだまだ新入りのヴィクターに劣る実力ではなかった。 「隙が大きい」 既に二撃目を振りかぶっていたヴィクターの剣先に、軽い力で男の刀が当てられた。動きとしてはただそれだけの、シンプルな動作だ。 「っ……!」 しかしヴィクターの剣は見事に弾かれた。開いた剣と身体の間に、大きな隙ができる。 二人の動きが、同時にぴたりと止まる。 壮年の騎士の剣が、ヴィクターの首元ぎりぎりに突きつけられていた。 「参りました……」 ヴィクターの剣ががらん、と音を立てて白い床に落ちる。 「だんだん厳しくなるな……だが俺の勝ちだ」 壮年の騎士は埃を払うような動作をしてから、ヴィクターの剣を拾い上げた。 二人の騎士はどちらからともなく互いに姿勢を正し、向き合う。 「では、今夜」 「ああ、俺の部屋に」 密かな約束は、二人の間でだけ交わされた。 ♡ 鎧を纏った弾丸の如く訓練場を駆けていた身体が、今は男の腹の上で淫らに跳ねている。 「あっ、ぁ、はぁ……っ、ぁ」 「戦ってる時とはえらい違いだな、ヴィクター」 そんな言葉が聞こえているのか聞こえていないのか、若い騎士は声を震わせながら懇願した。 「……っ、もっと、もっとして……」 「はは、もう腰を振るのに疲れたか?」 「……っあぁ〜〜…ッ、アッ、あぁ……っ!」 男が腰を掴んで揺さぶると、歓喜に濡れた声が節操なく部屋にこだまする。ヴィクターの端正な顔が、制御不能の快楽に歪む。 「お前が俺より強くなったら、もう抱けないのかと思うと……、勿体ない、なっ!」 「ひ、ぃ…ぐっ!、らめ、そこ、らめ………っ!」 男の動きが一層激しくなった。たん、たん、と筋肉がぶつかり合う音に合わせ、ヴィクターの呼吸が余裕なく乱れてゆく。 「ほら、イけ……っ」 「あぁ、──ッ!」 最奥を切り拓くように深く、深く腰を沈めると、若い騎士は、白くしなやかな肢体を引き攣らせて絶頂した。

ともだちにシェアしよう!