1 / 60

第1話◇プロローグ

「は?……なにそれ、(りょう)」  オレに向けられる声のトーンが低すぎて、退く。  オレの目の前で、真顔で、かつてない位、低い声を出してるのは。  小山 蒼紫(こやま あおし)。18才。  オレの幼稚園からの幼馴染。腐れ縁。親友。高校も一緒で、今は、寮の部屋も隣同士。  オレを、無理無理、芸能界にひっぱり込んだ奴。  「Cross(クロス)」という名前で、2人組の歌手として、一緒に音楽活動をしている。  身長181センチ。背、高くて、足長い。  誰が見たって、文句なしの凛々しいイケメン。涼し気な目元と、特徴のあるイケてる歌声に、世の女の子達は、熱狂してる。アイドルで売り出した訳じゃないけれど、アイドル並の人気が出てしまった。  で、まあ、当然死ぬほど、女にモテる。  とまあ。……蒼紫は、こんな感じの奴。  …………でもって、蒼紫はオレの、初恋の相手。  絶対に、ばらす事はないけど、今も続いてる、片思いの相手。  ずっとずっと、好きだけど。  死んでもばらさない。  ずっと、友達で居たいから。  でもって、その内、こんな想いは、忘れる予定。  蒼紫以外の男に興味はないから、オレはいつか女の子と付き合う。  そしたら、蒼紫とは、仕事のパートナーとして、一生付き合ってくつもり。    蒼紫は、オレにとって、そういう、相手。なんだけど。  10年以上の付き合いの中でも、聞いた事がない程に低すぎる声に、内心、すごくビビる。    あれ。何でこんな事に?  何、話してたんだっけ、オレ達――――……。  さっきまでの会話を、必死で思い起こそうと試みる。

ともだちにシェアしよう!