12 / 681

第12話

生徒会長の挨拶が終わり解散する。 始業式が終わればすぐ教室へ戻りテストだ。 テストが終わった後、午後からは入学式が待っている。 入学式では在校生からの挨拶があるのだが通常であれば生徒会長の仕事なのだがここは違う。 2年の首席と3年の首席が行うのだ。だから俺が読まないとならない。3年はもちろん華陵院先輩なのだが 挨拶をしようと壇上にいくと案の定新入生は戸惑いの色を見せた。そりゃそうだろう見た目が残念な俺が壇上に立つのだから。 俺のあとの先輩への歓声は言うまでもないだろう

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

通勤途中に見かけたのは彼のあられもない姿だった。
508リアクション
140話 / 41,529文字 / 245
2017/7/4 更新
鬼のような怖い先輩キャッチャー×へたれ後輩ピッチャー 青春・野球・エロ
4リアクション
3話 / 1,764文字 / 40
2017/9/9 更新
猫耳は正義。
1リアクション
5話 / 4,039文字 / 33
2017/12/10 更新
自称腐男子普通にガチゲイの留学生と書家の名家長男 短編連作
2リアクション
1話 / 947文字 / 0
2018/1/14 更新
R18/囚われし、秘めたこの想い……
58リアクション
9話 / 8,774文字 / 78
2018/9/15 更新
いつもバッチリ化粧をしてデパートのコスメ売り場で働く綾斗(あやと)。
1リアクション
1話 / 2,854文字 / 20
2018/11/24 更新