12 / 681

第12話

生徒会長の挨拶が終わり解散する。 始業式が終わればすぐ教室へ戻りテストだ。 テストが終わった後、午後からは入学式が待っている。 入学式では在校生からの挨拶があるのだが通常であれば生徒会長の仕事なのだがここは違う。 2年の首席と3年の首席が行うのだ。だから俺が読まないとならない。3年はもちろん華陵院先輩なのだが 挨拶をしようと壇上にいくと案の定新入生は戸惑いの色を見せた。そりゃそうだろう見た目が残念な俺が壇上に立つのだから。 俺のあとの先輩への歓声は言うまでもないだろう

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

廃れた世界で解体屋が這いつくばって生きる。
4
4話 / 6,229文字 / 0
2018/1/8 更新
道元坂のもとを出ていった智紀。バイト先で知り合った男が持っていた封筒になぜか道元坂の写真があって?
...289
18話 / 41,792文字 / 632
2018/8/30 更新
連載中
UGLY
100%暴力 救いようがないです 暴力とか好きな人向け
...5
12話 / 12,768文字 / 40
2018/9/15 更新
好きって告白したら、脱ぐよう強要されて。 コンテストで優勝したら付き合ってやるって何!?
...30
5話 / 9,997文字 / 80
2018/10/31 更新
前中後の短編。ライに片想いの希望。その愛にライは…?
3
4話 / 29,975文字 / 0
2/9 更新
あいつを絶望に追い込んだものとは一体……
1
18話 / 13,301文字 / 20
9/13 更新