23 / 678

第23話

またも頰を赤らめる姿を見て決意する。 「あのさ…実は話しておきたいことがある」 「何?」 「俺がどんな奴でも付いてきてくれる?」 「10年追っていたんだよ。付いていかないわけない」 「隠してることがあるんだ。これは家族と社長しか知らないこと」 「…僕が聞いていいの?」 「俺だけ君の事情知っているの不公平だろ?」 「不公平だなんて思わないけど受け止めるよ」 「うん…実はさっき君のこと知ってた理由に偽りがある。」 「偽り?」 「双子の弟なんて存在しない」 「なら何で?」 部屋の片隅に置いてある荷物に向かう。その中からいつものやつを取り出し身につける 「え…片桐くん…」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!