217 / 683

第217話

真っ赤になりながら涙を流すカイを見詰めた 「カイ…」 「今日朝陽くんと…一緒だったよね?車の外に朝陽くんが見えたんだ… だ…か…らっ…俺…俺の役目は終わりなんだって…思って…」 泣きながらカイが話す 「車出す直前…朝陽くん…こっち見てた…朝陽くんは…まだ星夜のこと…あの顔を見たら…間違いないって…うっ…あ…」 「朝陽さんにはもう神楽坂先輩がいる。俺のことなんて…あり得ない…」 「だったら…あんな顔なんて…しない…星夜も朝陽くんもわかってない…」 「カイ…」 「ごめん。今だけ…今だけだから…今だけ…今だけ俺の物でいて?…明日には笑って背中押すから…だから…」 「だから…朝陽さんには…」 最後まで言わせないとばかりに唇を重ね舌を侵入させたカイ 遠慮がちに始まる口内の愛撫は次第に激しくなる。 長く熱いキスだった

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

馬鹿馬鹿しすぎる御伽艶草子。またの名を進撃のデリへル嬢桃太郎。
146リアクション
32話 / 77,682文字 / 135
2018/2/14 更新
お医者さん同士の恋愛のお話。
3リアクション
8話 / 3,407文字 / 36
2018/2/28 更新
幼馴染に頼まれて手伝いを快諾したら、そこは男の娘カフェで――。
62リアクション
9話 / 62,443文字 / 179
2018/8/21 更新
【R18】「彼のメスイキに魅せられて、イキそうなのは俺の方だよ」
147リアクション
50話 / 18,713文字 / 73
2018/12/22 更新
どうして僕じゃないんだろう、そんな思いだけが僕を支配して苦しめる
4話 / 4,973文字 / 0
9/22 更新
高身長+眼鏡+クール+妄想全開+童貞キャラが、受けになる決意します。
121リアクション
35話 / 51,059文字 / 40
11/18 更新