217 / 681

第217話

真っ赤になりながら涙を流すカイを見詰めた 「カイ…」 「今日朝陽くんと…一緒だったよね?車の外に朝陽くんが見えたんだ… だ…か…らっ…俺…俺の役目は終わりなんだって…思って…」 泣きながらカイが話す 「車出す直前…朝陽くん…こっち見てた…朝陽くんは…まだ星夜のこと…あの顔を見たら…間違いないって…うっ…あ…」 「朝陽さんにはもう神楽坂先輩がいる。俺のことなんて…あり得ない…」 「だったら…あんな顔なんて…しない…星夜も朝陽くんもわかってない…」 「カイ…」 「ごめん。今だけ…今だけだから…今だけ…今だけ俺の物でいて?…明日には笑って背中押すから…だから…」 「だから…朝陽さんには…」 最後まで言わせないとばかりに唇を重ね舌を侵入させたカイ 遠慮がちに始まる口内の愛撫は次第に激しくなる。 長く熱いキスだった

ともだちにシェアしよう!