2 / 167

第2話

「貴方はΩですね」 そう言われたのは中学に進学してからすぐのことだった Ωについては小学校で習ったから理解はしていた 『Ω』 それはとても希少で3か月に一度発情期がやってくる そして何より、男でも妊娠が可能である だが、その希少性と言う割に地位は非常に低い 差別を受けることもある そう授業で聞いていた 他にも、『β』この種は一番多く平凡と言っていいだろう そして一番上に存在するのが『α』 彼らは非常に優秀なエリートでΩ程ではないが数は多くない そして重要なのがΩは発情期にフェロモンを発する それに強く惹かれるのがαだ αは唯一Ωを番にでき、番にされたΩはその相手以外とは結ばれない でも厄介なのがαはを何人も作れ 一方的に解除もできる 解除されたΩはストレスで番が作れなくなてしまう…… まだΩと分かったばかりで実感もないが これから大変になる、ということだけは理解できた この先何が起こるんだろう どうなってしまうのだろう 何も分からず不安だけが募る すると傍にいた母がぎゅっと抱きしめた 「ごめんね…… ごめんなさい……」 そう泣きながら謝罪する 俺、九条希一(くじょうきいち)の母もΩだ
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!