10 / 351

 ―― 聖夜と生クリーム味の……(9)

「透さんこそ……」  今日はデートとかの予定は?……と訊きそうになって、はっと気付いて口を閉じた。 「ん?何か言いかけた?」  俺の態度に気が付いたのか、透さんは少し不思議そうな顔をしている。  ―― うわ…… やばい……。  訊いたら悪いような気がしていたのに。  頭では分かっているんだけど、やっぱりずっと気になっていた事を、思わず言いそうになってしまった。 「いえ、なんでもないです。」  慌ててそう言ってみたけど、透さんがじっと俺を見つめて、「気になるから言って?」って言うもんだから……。 「…… えと…… そういえば…… あの…… いつも一緒に店にくる女の人、最近見かけないなぁ…… と思って」  ―― うわーっ! 訊いてしまった! 俺の馬鹿! もし別れてたとかだったら、どーすんだよ……。  でも、言ってしまった事は、無かった事には出来ない。 「…… 気になる?彼女の事」  少し寂しそうな顔でそう聞き返されて、余計に言った事を後悔して焦る。 「いえ、そんなわけじゃ……」  どうしようもなくて、俺はそれだけ言って俯いてしまった。  俯いてしまった俺の顔を、覗き込むように少し屈んでいた透さんは、背筋を伸ばして、また夜空を見上げた。 「あの子ね、こないだ結婚して、相手の人の仕事の関係でアメリカに行ったんだよ」 「え……?」  俺は驚いて顔を上げた。  だって、こないだまで、仲良さそうにデートしてたのに……。こないだ結婚したって事は、もっと前から結婚相手とも付き合ってたって事じゃないのか?  て事は……、透さんとだぶってる時期が、きっとあるんじゃないのか?そんな事を考えていて、俺は口を開けたまま、固まってしまっていた。 「あはは、そんなに驚いた?」 「……はい。……えと、その…… こないだまで一緒にいるとこを見てたから…… びっくりしちゃって」 「あぁ…… そうだよね」  彼女が結婚して逢えなくなったのに、彼はわりと平然としていて……。 「寂しくないですか?」  なんて、俺はつまんない事を訊いてしまっていた。 「まぁ…… 寂しいといえば、寂しいけどね。あの子が幸せになるなら、それが一番だと思ってるよ」  ―― 凄いな、透さんて。やっぱり大人だな……。  別れても、相手の事をそういう風に、心から幸せを願う言葉って、あまり日も経ってないのに、なかなか言えないよな…… と思う。  そうか、じゃあ今日はお互い寂しいクリスマスイブなんだな…… なんて、俺は勝手に考えたりしていて。  暫く沈黙が続いてる事に気が付いて、ふと、透さんを見上げると、困ったような、哀しそうな表情をしているように見えた。