―― 迷う心とタバコ味の……(8)

 時間ぴったしに上がらせてもらって、私服に着替えて、従業員出入り口から外に出ると、透さんが、車のドアにもたれて立っていた。 「お疲れ様」  いつもの優しい笑顔で、「どうぞ」と、助手席側のドアを開けてくれる。  その動作が気障でもなく、あくまで自然で、彼女にいつもこんな風にしてあげてるんだろうな…、なんて考えると、ちょっと胸の奥がチクンとして、わけの分からない胸の痛みに、心の中で苦笑してしまう。 「直くん、嫌いな食べ物って、ある?」  エンジンをかけながら、こちらを向いて訊いてくる。 「いえ、基本なんでも食べます」 「じゃ俺、天ぷら食べたいんだけど、いいかな? 実は、待ってる間に、予約入れちゃったんだ」  と言いながら、透さんは、ゆっくりと車を発進させた。  天ぷらのコース料理を予約してくれたらしくて、俺、今まで晩飯予約なんてしたことないし、なんだか緊張してきた。 「俺、天ぷらなんて、外で食べるのって、初めてかも…… しかもコースって高いんじゃないですか?」  そうでもないよ、と透さんは笑って言うけど、店に入って、メニューを見たら、大学生の俺には贅沢な値段だった。 「そんな顔しなくて大丈夫だよ、給料出たところだし、奢らせてね」と、くすくす笑いながら、俺の手からメニューを取り上げる。 「す…… すみません」恐縮してしまう。 「あの、次回は、俺にも何か奢らせてくださいね?」 「えー、いいよ、そんな気を遣わなくても。 俺は社会人で、直くんは学生なんだから」  そう言って、透さんは俺の頭に手を置くと、ぐしゃぐしゃと掻き混ぜるように撫でる。 「今日はなんだか、ここの天ぷらを食べたかったんだよ。 ほら目の前で揚げてるのを見るのも楽しいでしょ?」  カウンター席の俺達の目の前で、天ぷらを揚げてくれていて、もうそれは、なんて言うか、職人技で。  ぱっと、油に入れた瞬間に広がる衣が美しくて、芸術品だーーなんて、興奮してはしゃいでしまう、俺。  そして、揚げたての天ぷらは、絶妙な温度で、サクサクしていて、それでいて、ふわりとしている感じ。 「美味いーっ!」  もう今まで俺が食べていた天ぷらだと思っていた食べ物は、何だったんだろう? と、思ったまま、透さんに感動の気持ちを伝えると、「気に入ってもらえて、よかったよ」と、ニコニコと笑顔で応えてくれる。  海老やら、魚介やら、野菜の、おまかせ天ぷらを10品以上は食べて、口直しのサラダが出てきた後、最後に天丼と赤だし。  お腹も気持ちも満足して、店を出た。 「透さん、ごちそうさまでした、すごく美味しかったです」 「美味しかったね、直くんが美味しそうに食べてるのを見るの好きだよ、また来ようね」  そんなことを、目を細めて優しい笑顔で言ってくれるから、 「はい!」なんて、図々しく返事しちゃう。  車に乗り込んで、エンジンをかけながら、「この後、どうする?俺の家で良い?」と、透さんが訊いてきた。  そうか……、この後 家、って言う事は…… やっぱり……、そういう関係を続けるってことで……。  ここで行かないって言えば、もうそれ以上の関係にはならなくて、またあのイブの日までの関係に戻るだけなのかもしれない。  ―― ただの店員と客の関係に……。  透さんが俺のことを、どう思ってるのかは分からない。俺も透さんのことを、本当はどう思っているのか……。  でも、行けば、それを確かめることができるかもしれない。 「はい」  これは自分で決めたこと。俺は、首を縦に振り、頷いた。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

少年と組の若頭のほのぼのストーリー
    • 連載中/0話/0文字
    親友でありながら深い関係に陥っている遼二と紫月。若さ故の過ちか、それとも永遠の純愛か――
    • 3
    • 1
    • 2
    • 連載中/13話/26,375文字
    • 6月22日
    それは仕組まれた罠か、愛か。
    • 7
    • 連載中/10話/8,702文字
    • 6月13日
    完結
    40代会社員と20代大学生のささやかな日常的恋愛譚
    • 3
    • 3
    • 完結済/1話/2,049文字
    • 6月12日
    俺の事になると異様な執着ぶり。なんだそれ。
      • 連載中/2話/1,396文字
      • 6月27日
      美しい躯体で調教発注者を誘惑し愛撫を受け、その愛撫を再現して少年を調教する笠井邦彦の過激BL官能小説
      • 4
      • 9
      • 6
      • 連載中/6話/26,488文字
      • 6月25日