33 / 351

 ―― 迷う心とタバコ味の……(9)

 透さんの家に向う車の中、会話の間に少しでも沈黙があると、微妙に気まずい。 だから、何か話題をと、くだらない話を無理やり出して、喋り続けていた。  信号が赤に変わって、車がゆっくりと停車する。  前を向いたまま、喋り続ける俺の手に、透さんの手が伸びてきて、ふわりと重ねられた。  予想していなかったから、驚きで、ぴくっと小さく震えて、透さんを見上げた。 「今夜、泊まるよね?」  透さんが身体を少し助手席に傾けてきて、俺の耳の近くで囁いた。  鼓膜に直接響くような、透さんの甘い声に、断る言葉など、見つかる筈もない。 「はい」と、頷いてしまう。  透さんの指が、俺の手の甲を、擽るように動いて、やがて指の間に絡めるように滑り込んでくる。  5本の指が、まるで愛撫するかのように動くから、それだけで俺は身体が熱くなるのを感じて焦ってしまう。  信号が青に変わり、透さんの手は俺から離れてハンドルを握り、車が静かに動き出した。  マンションの駐車場に車を停めて、エレベーターに乗り、透さんが、階数ボタンと開閉ボタンを押す。  透さんの隣で、その様子をぼんやり見ていると、ドアがまだ閉まりきらないうちに、いきなり腕が伸びてきて、透さんに引き寄せられた。 「ちょっ……」  身体がよろけて、透さんの肩に顔を埋める形で、すっぽりとその腕の中に包まれた。  人差し指と親指で、顎を掬い上げられ、唇を塞がれた途端、透さんの舌が侵入してきて、あっと言う間に躊躇している俺の舌を絡め取る。 「…… ん――っ…… ふ……ッ」  エレベーターの中なのに……、誰かが乗ってきたらどうするの……。  あ、そうか、止まったら離れたらいいんだけど…… つか、これ、エレベーターって、防犯用のカメラとか、どっかにあるんじゃないの?  こんな所で、駄目だってばって、言おうとする前に、あっさりと唇を解放された。 「あ…… あのっ……」  唇は離れたけど、まだ透さんの腕に抱きしめられていて、抗議しようとする俺を、透さんは悪戯っぽい顔をして笑う。、 「可愛いな…、顔が真っ赤だよ」 「だ、だって、カメラとかに写ってたら、どうするのー」 「気にしない、気にしない、キスしてるだけだもん」  えええ…… ?「だもん」ってー! …… しかも普通しないでしょ、エレベーターでキスとかーー!  めっちゃ狼狽えてる俺とは反対に、透さんは、何でもなかったようにクールな表情で口角だけ上げて微笑んでいた。  エレベーターを12階で降りて、部屋に向かう通路を歩いている間も、肩を抱き寄せられていて、こんな所で近所の人に見られたらどうするんだって、ドキドキしてるのに。  そして、それとは別に、胸が高鳴ってしまっているのは……  透さんは、車の中から、フェロモンだだ漏れで、手に触れてきたり、突然キスしてきたり、肩を抱いてきたり……。  この後、透さんの家の中で二人きりになったら…… って、想像してしまっているからで……。  俺は、すでに下半身に熱が集中してきているのを、はっきりと感じていた。