34 / 351

 —— 迷う心とタバコ味の……(10)

 透さんが、玄関のドアを開けて、「どうぞ」と、俺の背中に手を置いて、中へ招き入れる。 「お邪魔します」  俺が靴を脱いでいると、背後でドアが閉まり、鍵をかける音がしたと思った瞬間、突然背中から抱きしめられた。  そのまま壁に押し付けられて、顎を獲られ、顔だけ後ろを振り向く姿勢で、性急に唇を塞がれる。 「…… んんッ……」  激しく唇を貪られながら、急くように脱がされたコートは、ストンと床に落ちて足元に纏わりつく。  重ね着しているニットとシャツの裾から、透さんの手が滑り込んできた。 「…… アッ…… ふ…… ん…… ッ」  素早く胸の突起を探り当てた指先に、そこを摘ままれると、重ねた唇の隙間から、恥ずかしい喘ぎ声が漏れてしまう。  服の下で弄るように動く手に、咥内を余すところなく愛撫する舌に、腰の奥が熱く疼いてしまう。  透さんは、まだ靴を履いたままで、コートも脱いでいない状態。  俺の脱ぎかけていた靴は、片方だけ転がっている。 「とお…… るっさ…… んんッま…… ッ…… て…… アッ……!」  —— ここ、玄関なのにっ――! 「待てない……」と、言いながら、透さんの手が俺のズボンのベルトにかかる。 「あの……、あのっ、俺、シャワー浴びたい……」 「どうせ、汗かく事するから、後で一緒に入ろう」  そう言いながら、またキスをする。  俺は、どんどん深くなるキスに応えながら、なんとかもう片方の靴を脱ぐ。  きつく抱きしめられた腕の中で、身を捩りながら向き合って、俺も透さんのコートに手をかけて、脱がしていく。 「じゃ、ベッドに行きたい。 ここだと外に聞こえそうだし。 ね?」と、今度は透さんのネクタイの結び目を緩めながらお願いする。 「そうだね……」  透さんは、苦笑しながらそう言うと、俺の腰の辺りに腕を巻きつけて、そのままヒョイっと身体を持ち上げて歩き出した。 「うわっ!」  肩に担がれてる感じの体勢。  透さんは、寝室のドアを開けて、俺をベッドにゆっくりと下ろすと、そのまま覆いかぶさるように唇を重ねた。  何度も啄ばむようなキスを落とした後、耳元に唇を寄せる。 「直くんに逢いたかった……」 甘い声で囁かれて、ドキンと、心臓が高鳴った。  ―― 俺も、透さんに逢いたかった……。 俺はその時、そう言おうとしたんだ……。  だけど…… 「早く、こうしたかった。直くんを抱きたかった」  …… え?  ―― …… 抱きたかったから、逢いたかったの?  激しいキスを受けながら、頭の中では透さんの今言った言葉が、リフレインしてる。  その間も、熱く濡れた舌が、首筋を這い、ニットとシャツを同時にたくし上げ、露わになった肌を食み、透さんは紅い痕を残していく。  勘違いかな、って、考えすぎかなって、思うけど……。  やっぱり、そういう事なのかな、って思ってしまうと、また少し胸の奥がチクンとする。  それなのに……、  「好きだよ……」と、呟くような声で、甘い言葉が耳に届いた。  心の中で、(そんなの嘘だ……)と、自分に言い聞かせながら、俺は透さんの首に腕を絡めて、キスを強請った。