38 / 351

 ―― 迷う心とタバコ味の……(14)

「直くん、朝ご飯食べれる?」  透さんはベッドから降りると、Tシャツの上に黒いニットを頭から被るようにして着ながら、そう訊いてきた。 「あ、はい、俺も朝ごはん作るの、手伝います」  と、俺もベッドから降りたんだけど……。 「あれ?」  足腰に力が入らずに、床にへたり込んでしまった。 「ああ、無理しなくていいよ、多分身体は疲れてるだろうから、直くんは、ゆっくりしてて」  クスクス笑いながら、俺の身体を支えてくれて、またベッドに座らせてくれる。 「すみません……」  この前みたいに、後ろはそれ程、痛みは無いけど、腰がだるい感じがする…… つか身体のあちこちがだるいかも……。 「ご飯できたら呼ぶから、それまで寝てていいよ」  そう言いながら、俺の頬にキスを落とし、頭に手を置いて、クシャクシャに撫でる。  透さんは元気そうだなぁ……、俺の方が若いのにな。 でも、身体が言う事をきかないから、大人しく休んでおく事にした。  一日中パジャマのままで、二人でDVDを見たり、透さんの作ってくれたご飯を食べたりして、ダラダラとのんびり過ごした。  時々、透さんのスイッチが何かの拍子に入っちゃって、リビングのソファーに押し倒されたりして……。 「直くん……、今夜も泊まる?」  そう訊かれた時は、少し驚いたけど。  でも、俺とこうして一緒にいてもいいと、少しでも透さんも思ってくれてるってことが嬉しかったから、そのままその日も泊まることにした。  そして、翌日30日の夕方、車で俺のマンションまで送ってくれた。  次に逢う時もまた、透さんの家に泊まる約束もしたりして、そして今度はちゃんと携帯の番号とアドレスを交換した。  透さんは、明日から実家で何か用事があるらしくて、俺も明日から啓太と地元に帰るから、次はいつって、細かい約束はしてないけど、今度は携帯で連絡がとれるんだ。  ―― はぁ~、しかし2泊した間に、何回ヤッたか覚えてないとか……、自分でも呆れるんだけど……。  翌日、重い身体に鞭打って、啓太と電車とバスを乗り継いで地元に帰った。  啓太と別れて、家に帰ると、もう姉ちゃん夫婦も来ていて、すでに賑やかだ。  除夜の鐘を聴きながら、近所の神社に家族で初詣に向う。  毎年恒例の、普通の新年を迎えて。 「明けましておめでとう」  と、家族で挨拶をして、お屠蘇を呑んで、テルさん(親父の奥さん)の作ってくれた御節を食べて、夜中の3時頃には布団に入った。  親父は「初日の出を見てから寝る」とか、言ってたけど、日の出を待てずに炬燵で寝てしまうのは、毎年同じ事。  俺は、たっぷり昼過ぎまで寝て、  姉ちゃんに、「元旦から寝坊してたら、今年1年寝坊ばっかりするよ!」と、叩き起こされるのも毎年同じ。  クリスマスイブの、あの夜から俺の身に起きた、非日常的な変化が嘘だったように思えるけど、憧れだった、透さんとの事は夢じゃなくて……。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
僕たちはまだ運命を知らない。
  • 1
  • 9
  • 1
  • 2
  • 5
  • 完結済/1話/4,013文字/20
  • 3月14日
完結
無愛想な傷心男子と能天気を装う繊細男子の痛くて優しい恋のはじまり
    • 完結済/1話/7,723文字/0
    • 3月26日
    完結
    超オレ様支配者吸血鬼×美青年薬剤師。血に魅せられた資産家の陰謀から守ることが出来るか。
    • 1
    • 完結済/23話/100,835文字/38
    • 6月17日
    完結
    とうとぅがなしは与論島の言葉で「ありがとう」
    • 2
    • 29
    • 8
    • 39
    • 完結済/3話/4,810文字
    • 6月16日
    完結
    これは、とあるご主人様と,とある執事との出会いの記録である。
    • 4
    • 2
    • 6
    • 4
    • 完結済/11話/3,721文字/0
    • 7月16日
    凄腕のラティーノ指揮者×ツンデレバイオリニストのオリジナルBL
      • 連載中/7話/33,490文字/0
      • 9月23日