37 / 351

 ―― 迷う心とタバコ味の……(13)

「直くん、身体大丈夫?」 俯いたままの俺の顔を、透さんは心配そうに覗き込む。 「え?」  最初は、何のことか分からなかったんだけど……。 「…… その、昨夜は無理させちゃったから、疲れてない?」 「あ……」  言われて、昨夜の事が蘇って…… それだけで身体が熱くなってしまう俺は絶対おかしい。  ―― 昨夜……。  玄関で、最後までやっちゃいそうな勢いの透さんを、なんとか宥めて寝室に行って……。  なんだか、こないだよりも透さんが激しくて、一回戦が終わった後も、お互いにまだ熱が冷めなくて、そのまま抜かずに2回戦……。  もう、ヘロヘロだったのに、一緒にシャワーしようって事になって、お風呂で透さんが、「中のを掻き出さないと…」って、言うから……。  そしたら、掻き出してもらってるだけなのに、俺がまた疼いてきてしまって……。  ―― あぁ…もう、恥ずかしい! 「昨夜の透さん、激しかった……」  思い出しながら、つい、ポツリと呟いてしまった俺に、透さんは苦笑いしながら、「ごめんね……」と、謝って、言葉を続けた。 「言い訳するとね、その……、こないだ直くんが起きる前に仕事に行かないといけなかったから……、メモに俺の携帯の電話番号を書いておいたんだけど……」 「あ……」  そうだった……。 俺、あの電話番号を控えなかった。 「だから、連絡くるまで待とうと思ってたんだけど、数日しか経ってないのに、連絡が来ないのが寂しくて不安だったりしてね」  透さんは、そう言いながら照れたように頭を掻く。 「もしかしたら、直くんは迷惑に思ってるのかもと、考えたんだけど、我慢できなくてバイト先に逢いに行っちゃった」  ―― 馬鹿でしょ?…と言いながら、透さんは長い睫毛を伏せた。 心なしか、顔が赤い。 「…… 食事に誘ったら、直くんがOKしてくれて、凄く嬉しかったんだよ……。 でも、本当は早く二人きりになりたくてね。」  と、そこまで言い終わると、透さんは、自嘲するように笑った。 「すみません、俺…… あの時、番号を控えるの忘れてしまって……」  それは、咄嗟についた嘘。 わざと控えなかったんだけど……。  まさか、透さんがそんなに俺の事を考えてくれていたなんてと思うと、嬉しいのと、申し訳ない気持ちで、つい嘘をついてしまった。 「でも、またこうして逢えて良かった」  いつもの優しい笑顔でそう言われると、今まで曖昧な関係に悩んでいた事も、忘れてしまう。  ―― やっぱり俺…… 透さんのこと……。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
【R18読み切り】ここは地獄よりも深い場所にある。屈辱を受け続けた主人公の復讐劇。
  • 6
  • 10
  • 5
  • 完結済/8話/11,003文字/0
  • 2月23日
完結
生意気で小憎たらしい同居人との生活がある日を境に一変する…
  • 2
  • 完結済/6話/6,999文字/0
  • 4月28日
いじめられっ子の根暗オタク少年は芸能人や不良と出会い愛を知る。
  • 1
  • 連載中/17話/34,255文字/0
  • 7月1日
完結
海の家で理想の男子に出会った高橋が取った行動は、相手の気持ちを知らないうちに試すもので……。
  • 13
  • 7
  • 完結済/3話/5,950文字/64
  • 8月5日
犬の訓練士である史孝は、警察犬・ゼットと赴いた先で、無愛想な刑事・有馬と知り合う。
  • 4
  • 24
  • 9
  • 2
  • 連載中/18話/56,397文字/156
  • 10月17日
『出逢えた幸せ』のSS集です。ただ今『Happy Halloweenシリーズ中です』
  • 12
  • 17
  • 6
  • 2
  • 連載中/6話/5,342文字/178
  • 14時間前