36 / 351

 ―― 迷う心とタバコ味の……(12)

 ***** なんだか……暖かくて、気持ちいい……。  朝なのかな…。 でも、もう少し寝ていたい…。  ゆっくりと、重い瞼を薄く開けてみたら、目の前に…… チャコールグレーのTシャツを着ている誰かの胸が見えた。  目線を上へと辿ると…透さんの寝顔。  ―― あ……、そうか。 昨夜、透さんと……。  俺をしっかりと、抱きかかえるようにして眠ってる透さんの胸に、顔を埋めて寝てたのか、俺……。  ―― まるで、女の子みたいじゃん!  でも、あったかくて、気持ちいい原因は、これだったんだ。  もう一度目線を上に向け、起こさないように、そっと、透さんの寝顔を見た。  閉じた瞼を縁取る、真っ黒な睫が、濡れたように艶があって、いつもよりも長く感じる。  程よい厚さの唇は、ゆるやかにカーブしていて、その両端に僅かな窪みがある。  ―― 眠っているのに、微笑んでるみたいだな。  そう思いながら、唇の形を、指でそっとなぞった。    ―― ホントに、色が白いなぁ。  肌の色は、透き通るように白くて、細面な輪郭に、黒くて艶のある髪が映える。  ―― こうして見ると、透さんは、かっこいいと言うより美人だな……。 「あんまり、見つめないでくれる?」 目を閉じているのに、クスッと笑みをこぼして、俺をギュッと抱きしめてくる腕。 「透さん、起きてるの?」 「熱い視線を感じちゃってね」  そう言って、透さんは俺の額に額をくっつけながら、目を開けて微笑んだ。  寝起きだからか、漆黒の瞳が濡れたように艶めいている。 「おはよう」と、軽く唇にリップ音を立ててキスをくれる。 「おはよう」と、返して目を合わせるけど、俺はなんだか恥ずかしくて、すぐに俯いてしまう。  透さんは、クスッと笑って、俺の頭を優しく撫でてくれる。  ―― なんだか、甘い恋人同士の朝みたいだ。 …… なんて、思ってしまう。  あの最中に微かに聞こえた、甘い言葉も、あれは透さんの本心かもしれないなんて、馬鹿な期待をしてしまう。  ―― 『好きだよ……』  そんなことは、ありえない。  だって、透さんが好きな人は…… もう分かってるのに。  あの最中の『好き』なんて言葉は、テンプレみたいなものだってことも、俺は知ってる。  お互いが気持ちよくなるように、セックスを盛り上げる為の、ただの台詞でしょう?  そんなの分かってる……。  だから、一晩中俺を抱きしめて、寄り添って眠ってくれたことだって、朝になってもこうして優しくしてくれるのだって、期待しちゃいけないんだって分かってるし。  俺だって、子供じゃないんだから、この暗黙のルールに乗るのは当たり前で……。  恋人でもなくて、ゆきずりの他人でもない。 この、とても曖昧な関係を何て呼ぶんだろう。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】俺はお前に何をしてやれるんだろう。Ωが可愛くて仕方ないαの物語。
  • 49
  • 3
  • 13
  • 22
  • 連載中/7話/8,735文字/0
  • 8月26日
傷つけあったから、忘れられないんだ。
    • 連載中/1話/869文字/0
    • 5月30日
    溺愛系オメガバース
    • 5
    • 2
    • 2
    • 2
    • 連載中/10話/22,354文字/45
    • 10月1日
    チャラ男×ツンデレ 胡散臭い男に気に入られちゃって⁉
    • 1
    • 連載中/2話/1,523文字/0
    • 7月12日
    中年執事(誘い受け)×童貞少年(攻め) エロ中心です
      • 連載中/10話/6,957文字/0
      • 8月31日
      君の側だと苦しいだけで。彼の隣にいれば、幸せになれるのに。
        • 連載中/41話/19,628文字/16
        • 5時間前