40 / 351

 ―― 迷う心とタバコ味の……(16)

 そして翌日、1月2日の朝。 「直くーーん、啓太くんが来てくれてるよー」  一階から、俺を呼ぶテルさんの声で、目が覚めた。  ―― ん…啓太? なんで啓太? 俺、眠いんだけど?  ドカドカと、喧しい音を立てながら、階段を上がって、俺の部屋に近づいてくる。 「おい、起きろよっ」  ――っんだよ、うるさいな、いつも啓太は! 「もう、10時だぞ起きろよ」 「…… あ?」  もう朝か……。 眠い目を擦りながら起き上がると、部屋のドアから啓太が顔だけ覗かせて、「早く起きろよっ」って呆れた顔してる。 「…… んだよ、何か約束してたっけ?」  そう言いながら、よろよろとベッドから下りて、スエットの上下を脱ぎ捨てて、のそのそと着替える俺に、啓太は、さも呆れたと言わんばかりに、溜息を吐いている。 「なんだよー、いつも2日は、お前んちでトランプ大会だろ?」  当たり前のようにそう言って、偉そうに腕組みなんてして、なんかムカつく。 しかも、何、やる気満々で、なんだろ、この態度。 だけど、本当に今年もするのかよ……。  トランプ大会って、大富豪なんだけど、毎年正月に俺の家族は、なぜか大富豪をやる事になっている。それで、何故か啓太は小学校の頃から、家族でもないのに参加する。  しかも、この大富豪、5回やって、最後にド貧民になった人は、罰ゲームを科せられる。  ちなみに一番強いのは、なぜか姉貴とテルさん。  去年の罰ゲーム対象者は、啓太だったんだ。なのに、何故また今年も自分から罠にはまりにくるのか……。その気持ちが解らない。  もしかして、啓太ってMなのか? そうなのか? こいつ本当は、姉貴やテルさんに虐められて喜んでるのか?  昨年の罰ゲームは、姉貴の買い物のお供だった。  女ってなんであんなに買い物好きなのかって位買い込んで、啓太は両手に紙袋いっぱい持った上にカートまで転がしながら帰ってきた。  しかも、紙袋のほとんどが、福袋だったんだ。  福袋を買う為に、啓太が長蛇の列を並んでる間、姉貴とテルさんは優雅にお茶していたらしい。  きっと今年もそのパターンに違いないんだから、絶対やりたくない。  なのに、なぜ今年もここに来るんだ、啓太。お前は完全にカモなのに! 「なあ、啓太ってさぁ、もしかしてMっ気あるの?」 「はあ? 何言ってんだよそれ、なんの話だよ? 馬鹿じゃねえの?」  俺は、至って真面目に言ったのに、啓太に、頭をげんこつで殴られた。 「いってえな!何すんだよ、変態」 「いいから、早く来いよ。 テルさんがお雑煮温めてくれてるからよ」  そう言って啓太は、痛い頭を摩っている俺の手を掴むと、引っ張るようにまた階段をドカドカと下りていく。 「待てよ、引っ張るな! 危ないからっ」  引っ張られながら、抗議してみたけど、啓太はそんなことお構いなしに、1階の居間へと入って行った。 「いいから、いいから。 ほらここ、入りなよ炬燵」  炬燵布団を捲って、座布団をポンポンと叩く啓太。…… って、誰の家だと思ってんだよ、こいつ!