45 / 351

 —— 迷う心とタバコ味の……(21)

  ―― 逃げようっ!  咄嗟に閃くと、体は勝手に動いた。  炬燵から出て、振り返りながら出口に向って立ち上がり、スタートダッシュを決めッ……ようとした途端、背後から誰かに腕を強く引かれて、勢いで体が反転する。  思い切り畳に背中を打って、天井が見えた。  出口の方に目を向けると、パタンと、戸は閉められる。  庭に出る掃き出し窓の方を見ると、窓に鍵を掛けて、カーテンが閉められる。  逃げようともがけば、両手首を畳の上に押さえつけられた。 「逃げようとしても、無駄」  啓太が俺の体に跨り、体重を乗せてくる。 「は…… 離せ…… ッ」  体にピッタリと、覆い被さってくる啓太の胸を押し退けたいけど、両手を強く押さえつけられていて、身動きがとれない。 「諦めるんだな」 「くそッ」  息がかかるくらい、啓太の顔が近いんだけど! 「おまえーーーっ!!退けよッ」 「やだ」  やだって、なんだよっ! 「と…… 友達だろ?俺達」 「そうだよ、友達だよ。 だから、お前のコスプレを見せてくれ」  なんだよ、それーーーッ!  まぁ、もう逃げることも出来ないのだから、諦めるけど… 「ふふっ、やっと大人しくなったようね?直くん」  テルさんが、化粧品を楽しそうに炬燵の上に並べているのが見えて、ため息が出る。 「もしかして、化粧もするの?」 「当たり前でしょー?」満面の笑みのテルさん。 「俺、超ーーーッ楽しみッ!」嬉しそうな啓太。  親父は、ニコニコと笑っているし……。 「今日は女装した直を連れて、夕飯は外食にしましょう」  姉ちゃんが、とんでもない事を言い出した。  ―― そんなーーーーッ!  あれ?駄目じゃん、今日は透さんと約束してんじゃん。 「ごめん、悪いんだけど俺、夕方から約束あるんで、向こうに帰るんだ。だから外食は無理っ!絶対無理っ!」  良かった、逃げる口実があった! 「あら、そうなの?じゃあ、いいわよ? 女装のままで友達と会って、向こうのマンションに帰るまでが、罰ゲームって事で許すわ」  姉ちゃんが、またもや、とんでもない事を言い出した。  いや、まさか女装のまま友達と会えって、冗談でしょ? そんなこと本気でやらせる家族いないよね? あーもー、うちの家族って、本当に冗談好きなんだから……。 「あ、いいわねーそれ!んで、約束を守った証拠に直くんの部屋の前で写メ撮って、送ってくれたらいいよね」  て…テルさんまで、なんて事を…… 誰か、誰か、冗談と言ってくれ。  その時、ジーンズのポケットに押し込んでいた携帯が、不意に鳴った。