―― 迷う心とタバコ味の……(22)

「啓太、逃げないから退けよ、携帯が鳴ってるし」  啓太が俺の身体から離れて、やっと自由になった。  ハァーっと溜息を吐きながら、携帯の画面を見ると、透さんからの電話。  こんな状況で、家族の前で電話に出るのは嫌だったけど、周りを取り囲む面々の、絶対この部屋からは出さないぞ、と言う空気に威圧されて、仕方なく受話ボタンを押した。 「もしもし」  本当はすごくテンパってるけど、なるべく冷静を装った。 『あ、直くん?今大丈夫かな』  大丈夫じゃないけどーー! 「はい、大丈夫です。どうしたの?」 『うん、今日ね、悪いんだけど、少し遅れそうで、待ち合わせの時間、5時でもいいかな』  今日の4時に駅のロータリーで待ち合わせしていたけど、1時間位遅れそうと言う事だった。 「いいですよ、じゃあ、5時にロータリーで」  短く用件だけ済ませて、電話を切った。 ふ……、不自然じゃなかったよね? 俺。 「だぁれ? 彼女から?」  化粧品の準備をしているテルさんが、目をきらきらさせて訊いてきた。  せっかく冷静を保っていたのに、そのひとことで、あっさりと崩れてしまう。 「え? 違うよっ! と…… 友達ッ」  動揺を隠しきれない俺を、啓太が怪訝そうに、じろじろ見てる。 やばい……。 「ふーん、友達って?俺の知ってるやつ?」  と、痛いところを突いてくる。 啓太とは、大学も同じだから、共通の友人が多い。  これ以上突っ込まれると言い逃れる自信がないかも。 「え? あ、啓太は知らないやつなんだ」 「ふう~ん」  納得いかなそうな声音だけど、啓太はそれ以上は訊いてこなくて、俺はホッと胸を撫で下ろした。 「じゃ、そろそろメイクターイムっといきましょうか!」  その時、化粧品一式を炬燵の上に並べ終えたテルさんが、嬉しそうにそう言って、俺の地獄タイムが始まったのだった。  ** 「うわーー、めっちゃ似合うよ、直くん!」  似合うわけないっしょ?テルさん……。 「おおっ! 俺、惚れそうー!」  啓太、お前、本気でキモイ。 「やっぱり、直は女物似合うよね、顔が女顔だもん」  嬉しくないよっ! 姉ちゃん! 「直、女だったのか。 父さん、知らなかったよ」  それ、違うから…… 親父……。  テルさんにされた、ばっちりメイクに、胸の辺りまでの長さで、下の方だけゆるいソバージュの金髪に近い色のウイッグに、黒いリボンカチューシャ。  黒いワンピースは、スクエアネックで、胸元はウエストから編み上げのコルセットタイプ。  スカート部分はティアードで、裾に大きめのスリットが入っていて、歩く度に太もも辺りまで見えそう。 そして、白と黒のボーダーのニーハイ。 「この服、どうしたの? 買ったの?」  わざわざこの日の為に、買ったとしたら、アホ過ぎるだろ? 「服は、昨年のお正月の福袋に入ってたのよ」  ああ、啓太を下僕にして、こき使った時ね。 「いくらなんでも、私の歳じゃ着れないしねー」  テルさん、いいから、着てください。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

    • 連載中/0話/0文字
    スーツと美人が美味しいBLです。
    • 6
    • 14
    • 2
    • 4
    • 10
    • 連載中/24話/18,212文字
    • 5月7日
    完結
    それは差し出されたほんのり甘い優しいココアからはじまった恋
    • 1
    • 3
    • 3
    • 3
    • 完結済/49話/81,756文字
    • 3月6日
    夢でみた美しい情景…きっと君はそこに居るのだろう
      • 連載中/0話/0文字
      完結
      突っ込む側になりたい男のその願望は、果たして叶うのか?
      • 3
      • 完結済/1話/5,233文字
      • 5月2日
      完結
      大正時代の浅草。声変わりで新歌舞伎の舞台に上がれなくなった女形・白帆は……?
      • 1
      • 72
      • 26
      • 1
      • 118
      • 完結済/40話/77,377文字
      • 8月6日