―― 身体と愛と涙味の……(2)

 下衣を全て剥ぎ取られて露わになった半身を、お兄さんは手で扱きながら先端から溢れる先走りを舌で掬い、そのまま根元まで呑み込んでいく。  温かくて濡れた感触に包まれて、感じる処を的確に舌で攻められて、もうそれだけで全てを吐き出してしまいそうになった。 「あ…… あっ……」 「なーお、我慢しないでいいから、いつでもイって」  そう言って、お兄さんは、俺のをまた口に含む。  俺はまだこの時、薬のせいで昂った熱をを吐き出すために、お兄さんはただ手伝ってくれてるだけ…… 自慰行為の一種だと思っていた。  だけど、あまりの気持ち良さに瞼を閉じて、いつの間にか快楽だけを追いかけてしまう。  閉じた瞼の裏に浮かんでくるのは…… あの車の中で見た夜景。  …… 長い睫。  …… 黒くて艶のある髪。  …… 見上げてくる、漆黒の優しい瞳。 「……と、おる…… さ、ん……」  喉に当たる程、奥まで咥え込んで、透さんが時々見せる苦しそうな表情に余計に煽られた……。  段々と上下するスピードが速くなり、敏感になり過ぎた蜜口を強く吸い上げられて、下肢がぴくぴくと痙攣する。 「あ、ッ……、も、…… ッイ…… くっ、と、おる、さんッ」  言葉を発した瞬間に、堪えきれずに咥内へ欲を吐き出した。 「…… は、ぁ……、は…… ぁ」  達した後の倦怠感の中、荒い息を吐きながら、重い瞼を開ける事が出来ずに、ただ余韻に浸っていた。  かなり頭が重く、意識が深く沈んでいきそうで、このまま眠ってしまいそうだった。 「なーお、」  俺の名前を呼ぶ声に、薄っすらと瞼を開ける。 「ねえ? 『とおるさん』て、誰?」  目の前のお兄さんの、ふっくらとした唇は濡れていて、俺を覗き込む切れ長の眼は、鋭く光っている。 「…… え?」  俺は思わず飛び起きて、今度ははっきりと目を見開いて、お兄さんの顔を見た。  ―― とおるさん? なんで透さんの事……。 「な、んで?」  なんで知ってるの? と、訊きそうになったところで、気が付いた。  ―― さっき俺…、なんか言ったよね…。 なんか…口走ったよね……。  それは、落ち着いて思い起こすと、簡単に蘇る。 「……」  なんとも言えない申し訳ない気持ちと、居心地の悪さに言葉も出てこない。  じっと見つめてくるお兄さんの瞳に耐え切れず、俯いてしまう。 「…… あの……」  俯いたまま、なんて言えばいいか悩んでいると、顎を指で掬い上げられて上を向かされた。 「なーんか、妬けちゃうなー」 「え?」  お兄さんの『妬けちゃう』と言った意味を理解する前に、顔に影が落ちて、柔らかいふっくらとした唇が、俺の唇に触れた。
×

この小説を読んだ人におすすめの作品

来るもの拒まずなノンケくんと、健気な不感症くんのお話。
  • 31
  • 13
  • 6
  • 17
  • 連載中/14話/16,508文字
  • 4月16日
難しい年頃の男子高校生の青春ラブストーリー
    • 連載中/8話/8,878文字
    • 2月23日
    完結
    目が覚めると、吸血鬼の館だった・・・・・・
    • 1
    • 完結済/92話/211,856文字
    • 5月12日
    完結
    【R18】劣等種の中の欠陥品と、アルファであってアルファでない双子のお話。
    • 1
    • 2
    • 1
    • 完結済/5話/6,982文字
    • 4月27日
    高木翔(たかぎしょう)29歳、男、独身サラリーマン、見た目ド平凡の崖っぷちアラサー非モテΩである。
      • 連載中/0話/0文字
      感情を知らない君はまるで真っ白なキャンバスのようだ…。
        • 連載中/0話/0文字