69 / 351

第三章:身体と愛と涙味の……(1)

「…… ん…… っ…… ふ…… ぅん……」  熱を持った舌が絡みつき、お互いの唾液が混ざり合う音がする。 歯列をなぞり、上顎を撫でられて、咥内を翻弄される。  身体だけでなく、咥内も敏感に感じてしまい、唇の隙間から漏れる自分の吐息が酷く熱い。  —— なんでお兄さんとキスしてるんだ俺……。    キスだけで、甘い快楽に落とされてしまうのを、頭のどこかで、これは薬のせいなんだと思っていた。  気持ちいい……。    快楽の中で、ゆらゆらと漂いながら、流れに身を任せてしまう。  唇が離れた時には、膝の力が抜けて、お兄さんの身体に縋り付いていた。  頭が朦朧としていて、焦点が合わない。  コートを脱がされかけているのに気付いて、力なく後ずさる俺の膝裏にベッドの端がぶつかった。 そのまま崩れるように倒れた身体が、スプリングで揺れる。 「直……」  ゆっくりと距離を縮めて、お兄さんが覆いかぶさるように、また唇を重ねた。  何度も角度を変えて舌を絡めて吸われ、さっきよりも濃厚なキスに上手く息ができない。  下へと降りた指にジーンズの上から硬く盛り上がった部分を、ツツッとなぞられて、腰が跳ねた。   「…… あっ……」  思わず漏れた自分の声に、僅かに残っていた理性が呼び戻される。 「可愛いな。 今ラクにしてあげるよ」  そう言いながら、お兄さんは俺のベルトを外そうとしている。 「…… や…… 駄目」  なんとか手を伸ばして、それを止めようとした。 「じ、ぶんで、なんとか、しますから……」  俺の言葉に、お兄さんは一瞬手を止めてくれたけど、次の瞬間、何故か大笑いされてしまう。 「自分でするの? 俺の目の前で? 俺としては、それも楽しめそうだけど?」  最初は意味が判らなかったけど、言われた言葉を理解してしまうと、穴があれば入りたいくらい恥ずかしくて、顔が熱い。 「そ、そうじゃなくっ…… て…… っ」  なんとか釈明しようと、言いかけた言葉は、お兄さんの行動に驚いて飲み込んでしまった。  お兄さんの動きを止めていた俺の手をやんわりと解き唇にに引き寄せ、人差し指の根元までパクリと咥えて……。  上目遣いに見つめられて、心臓がドキドキと早鐘を打ち始める。 「…… ッ…… ん、」  そのまま、唇を窄めて指を吸い、今度は舌で根元から指先へ、ねっとりと舐め上げた。  その卑猥な舌の動きに、身体の熱がまた上がる。 「舐められて、気持ちいい?」  お兄さんは指を舐めながら、ニッと口角を上げた。 「お、にいさ、ん…… ッ」  目を合わせてまま、また指を根元まで咥えて、ピストンさせる。 唾液が指に纏わり付いて、クチュクチュと水音が立ち始めた。  時々、指先を強く吸ったり、指の間を舐められたり、まるで、フェラされているような気分になってくる。 「あ、ぁ……」 「あは…… また大きくなったね」  お兄さんに気付かれて、恥ずかしさに耳まで熱く火照った。 「…… っ」  指を舐められているだけなのに、下半身があり得ない程熱く猛り、ジーンズの前を、さっきまでよりキツく押し上げている。 「ね、直のここも、この指みたいに舐められたり、吸われたり、して欲しいと思うでしょ?」  指を愛撫しながら、お兄さんが上目遣いに囁く。  言われた通りに、その光景が頭に浮かんだ途端に、俺の半身が反応して期待に疼いた。  お兄さんの空いている方の手が、俺のベルトを緩め、前を寛がせていくのを止める事は、もう出来なかった。