19 / 19

第五章 † ⑥その先にある結末。

 カルヴィンは持ち前の運動神経を発揮し、体勢が崩れるとドールが手から離れた。  次の瞬間、ドールの首元から鋭い切っ先が飛び出し、バランの喉元へと突き刺さる。  彼は思ってもいなかった不意の攻撃で急所を貫かれ、崩れ落ちた。  やがて動かなくなった躰は煙と化して消え逝き、倒れた女性の肌は徐々に血の気が戻っていく。  彼女は時期に目を覚ますだろう。  ほっとひと息ついたカルヴィンはクリフォードを見やれば、無事に事件が解決したことで気が抜けたのだろう。どっしりと腰を下ろした。 「ドールの中に護身用としてダガーを仕込ませていたんだが……まさかこうなるとは。まったく、君には驚かされてばかりだな」  クリフォードがくつくつと笑う。  その声はあたたかで、笑顔は見る者を蕩けさせるほどの威力を持っていた。  カルヴィンの胸が熱を持ち、跳ねる。  躰だけではなく、心までも奪われるのは時間の問題だ。カルヴィンはハンサムなヴァンパイアに寄り添うと、静かに笑みを零した。  Fin

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

人柱になった少年の最期は・・・
40リアクション
2話 / 3,398文字 / 239
2017/10/9 更新
吸血鬼と、ケモミミ男子の異世界ファンタジー
2話 / 847文字 / 20
2017/10/30 更新
聞いたことはありませんか?天狗攫いと言う言葉を_____
46リアクション
19話 / 7,772文字 / 72
2017/11/28 更新
夢か現か…人に耳が?!
1話 / 1,363文字 / 0
2017/10/29 更新
【R-18】一国の王子と、国を守るために冥府から遣わされたケルベロスの関係は?
47リアクション
4話 / 9,493文字 / 427
2017/11/27 更新
両生類人ヤンキー×純血人類ナルシストツンデレ
27リアクション
13話 / 9,991文字 / 123
2017/11/27 更新