1 / 7

第1話

「海松(みる)、今から塔に戻る」 宿舎の厨房に顔を出すと、食事係の海松が調理台の上に置かれた大きな籐の籠を指さした。 「これ、できてる。たまには温かいものを食べるように、師匠にも伝えてくれ」 「ああ」 布巾のかぶせられた籠の中には、大体二日分の食事。 これから行く、日の塔の分。 「そういえば、後継者はどうなったんだ?千草(ちくさ)は知ってる?」 興味あります、と、でかでかと顔に書かれた質問。 オレが日の塔に通うようになって、季節は10回以上廻った。 師匠に連れられて日の塔へ行くようになった頃、子供だったオレはそろそろきちんと職に就かなくてはいけない。 そして、あの頃すでに日の塔の住人だった師匠は、そろそろ後継者を決めなくてはいけない。 オレの背はとうに師匠を抜いてしまったし、身体も師匠より一回り大きくなってしまった。 今は師匠の従者とも、日の塔の弟子ともつかない仕事をしているけれど、そろそろどちらかに決めなくてはいけない。 「さあ、師匠は何もおっしゃらないから」 首を傾げたオレに、海松は笑って答えた。 「真朱(まそお)さまなら、忘れてるかもしれないな」 「ありそうな話だ」 くすくすと笑いながら、手を振ってオレは厨房を出る。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

R18 三十路の男が淫らな夢に悩み村の若い呪術師に相談するが、その治療は予想外のもので……
9
6
10
20
7
1話 / 6,582文字 / 618
2017/10/8 更新
森の奥には、魔女の家がある――。老齢の大男×美貌の青年
4
1
1
4
4話 / 9,225文字 / 36
2017/11/6 更新
完結
Up to me
吸血鬼であり支配者である弟と、『餌』として生まれた兄のお話。
1
25
8
9
16
13話 / 9,570文字 / 269
2017/11/19 更新
完結
星月夜
星の明るい夜に拾った子猫は、満月の夜に姿を変える。
3
8
21
2
5
1話 / 3,702文字 / 246
2017/12/4 更新
魔王は今日も勇者を城で待っていた。
41
18
78
2
6
24
16話 / 4,737文字 / 237
2017/12/9 更新
R18 拷問をしていた相手は魔法使いだった。
24
10
12
23
2
23話 / 29,885文字 / 272
2018/4/21 更新