7 / 7

第7話

オレの背に頬を押し付けながら、少しむっとしたように師匠が言う。 わかっていないなんて、どうしてそう思うんだろう。 大体、この体勢はちょっと困る。 「師匠、重いです」 「本当にわかっているのかい? 私は必ず先に逝くのだよ?」 本当に仕方のない人だ。 大好きだ。 動きにくいけれど服越しに伝わる体温が嬉しくて、腰に師匠をぶら下げたまま、作業を続ける。 「千草」 「……ここから先の人生は、師匠の方が短いのでしょう? だったら、少しくらい分けてあげますよ。自分のやりたいことなんて、師匠がいなくなってからでも充分探す時間はあります」 「いつから、私の可愛い千草はこんなに意地悪になったんだろう」 「さあ……いつからでしょうねぇ」 「あんなに純粋で可愛らしかったのに」 「可愛くないオレは、嫌ですか?」 師匠がいなくなった後のことなんて考えたくないのに。 ずっとこのまま一緒にいたいのに。 「嫌なわけがないだろう?嫌なら、お前に手を出さないし、きちんと先のある日の塔の後継者に推している。私付きの従者だなんて先のないものにするのは、私のわがままだ」 ぎゅううっと、抱きつく手に力を込めて。 背中に向かってつぶやかれた言葉。 それがどれほど幸せかなんて、あなたは、測ろうともしていないでしょう? そっと腰に回された手を外し、師匠と向き合う。 額に、まぶたに、頬に、唇を落としていくとくすぐったそうに目を細めて師匠が笑った。 「日が暮れたら、たくさん、しましょうね、師匠」 「できれば、ほどほどに」 「どうして? 久しぶりすぎて、我慢できないです」 「我慢しておくれ」 「明日の仕事は、全部オレがひきうけますから」 「分かっていないね、千草」 ああ。 ちゃんとわかってくれているのかもしれない。 やさしく綺麗に微笑む師匠を見て、唐突にそう思った。 「朝の観察作業は、散歩のようで、私はお前と歩くのが大好きなんだよ」 この人がオレの世界のすべてなんだ。 <END>
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

魔女の三番目の娘と、西の国境の侯爵。幼い妻と獅子の夫の、結婚の始まり。
君の幸せだけを願ってた
...48
5話 / 3,956文字 / 84
2017/10/30 更新
完結
拾い物
ある日拾った少年はかわいそうな悪魔だった。
5
19話 / 7,747文字 / 91
2017/12/3 更新
神よ、本当に存在するのなら、どうかこの願いを聞き入れ給え
...76
7話 / 8,506文字 / 266
2017/11/16 更新
俺はどんなことがあっても、おまえを連れ戻す。
...70
10話 / 9,440文字 / 165
2017/12/16 更新
捕食する獣と捕食される獣のお話
3
1話 / 2,615文字 / 36
2017/12/7 更新