1 / 7

第1話

ど、どうしよう……。 僕は途方に暮れている。 ここ、どこ? キョロキョロと辺りを見渡すとビル!ビル!ビル!!で同じ風景にしか見えない。 完全に迷子。 どうしよう?早く霊魂連れて帰らないと先輩に怒られる!エッチなお仕置きされちゃう!! 僕はもう1度メモをポケットから出して住所を確認する。 南区2丁目……。 「ここ、何丁目なの?」 全く分からずに泣きそう。 と、とりあえず誰かに聞こうかな? でも、霊感ある人しか僕は見えない……。それに見えちゃうときっと怖がるよね。 黒いフードつきのマントに大きな鎌。 そう……この姿は……漆黒の死神!! 僕は窓ガラスに映る姿を見ながらポーズをとる。 えへへ、カッコイイよね、このフード。 バサっ!!ってまるでバットマンみたいじゃない?この前、人間界にアクセスしてみたんだあ!映画ってやつを。 鎌は……レプリカだから切れないけどさ。 まだ、見習いだからって先輩が本物を渡してくれない。 そう……見習いから早く一人前の死神になりたいのに。迷子とか完全にアウトじゃん! 窓ガラスに映る自分を見つめて情けなくなってきた。 そして、窓ガラスの向こうが視界に入ってきた。 カーテンが少し開いてて、向こうから僕を見ている人がいる。 人……起きてんの?深夜2時だよ?まあ、起きてるか……いや、僕と目があってない? 明らかに僕と目があってるよね? やった!霊感ある人だこの人! 僕は窓ガラスをノックする。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

魔法使いの弟子になりに来た少年は、とある野望を抱いていた。
16
83
47
1
11
21
6話 / 10,000文字 / 710
2017/11/3 更新
従×主/年の差/ファンタジー/健気受け/年上攻め
3
2
3
2
6
4話 / 6,748文字 / 279
2017/10/28 更新
完結
Up to me
吸血鬼であり支配者である弟と、『餌』として生まれた兄のお話。
1
25
8
9
16
13話 / 9,570文字 / 269
2017/11/19 更新
お前は、今日からサキュバスだ。
入選 ファンタジーBL短編小説コンテスト
【R18】どうせ死ぬならさ。その魂、俺にちょうだい──。そう囁くのは死神か悪魔か?
18
37
85
11
41
13話 / 10,000文字 / 536
2017/12/10 更新
人間とも猫ともつかない奇妙な動物を拾った。俺は自分の好きに扱うことにした。
4
4
1話 / 1,873文字 / 104
2017/11/27 更新