7 / 9

第7話

「……だって」 もじもじとお尻を揺らす。 硬い矢崎先生の指が僕のお尻の穴に入ってる。 「ムズムズして、変な感じで……」 「痛くないだろ? かなり優しく挿れてやってるんだぞ」 指は入れたまま、矢崎先生のもう片方の手がいやらしくお尻を撫でてくる。 「でも……」 「しょうがないな」 矢崎先生がため息をついたと思ったら指が引き抜かれた。 「んっ……」 違和感があったのに、なくなったらまた別の違和感が湧く。 「美千、体勢変えるぞ」 樋山先生が僕を抱えるようにして身体を起こした。 僕を横に座らせて頭の位置を逆に変え寝転ぶと、「乗れ」と言ってくる。 四つん這いにだぞ、とつけたされるけどパニックでいると矢崎先生にこうするんだよと腕を引かれて樋山先生をまたいで四つん這いにさせられた。 「えっ、この格好……ひゃあっ!?」 男子校だと興味はなくってもいろんなえっちなことの話題で僕にだって多少の知識はある。 それによるとこれってシックス、と単語が浮かんだ瞬間僕のおちんちんが温かいものに覆われた。 違う、食べられられた。 樋山先生の口の中に僕のおちんちんが。 先生のと一緒に擦り合わせて触れるのも気持ちよかったけど、それ以上に気持ちいいかもしれない。 舌が僕のを舐めまわして先端を吸ってくる。 生温い口内でぴちゃぴちゃと音を立てて刺激されると出そうになった。 「ひ、あっ……出ちゃっ……」 「もう? まだ我慢しろ。美千もほら樋山のブツ舐めろ。今されてること真似すればいい」 「えっ……、あ、ん、っ」 腰を揺らして射精感を耐えながら目の前にある樋山先生のを見る。 僕がされてるように? 手を伸ばし触れるのはできる。 さっきまで散々こすり合ってたから。 僕がこれを舐める……。 恐る恐る顔を近づけ下を伸ばす。先っぽを舐めたらしょっばくて変な味がする。 「ん、っ……はぁ……んん」 僕のが樋山先生の唇で扱かれてるようにすればいいのかな。 ぺろぺろと舐めて樋山先生のを頬張る。 大きくて口の中の粘膜を刺激する硬さ。 「上手だぞ」 お尻のほうから樋山先生の声が聞こえてきて合ってるんだってホッとした。 僕がされて気持ちいいように先生も気持ちよくなってる。 安心してそして樋山先生のものをしゃぶること自体にも不思議な感覚が沸き始めた。 「手も使えよ。吸いながら手を動かして」 矢崎先生からのアドバイスを受けて実践する。 僕のをしゃぶられてるから気持ちよくて途切れ途切れにはなっちゃうけど僕なりに頑張って咥えてた、ら。 「……ん、っ、ふ、あ」 また指がはいってきた。 ぬるぬるとしたものが垂らされて、さっきよりもスムーズに。 つい腰を引きそうになったら動かせないように掴まれた。そして僕のおちんちんへのおしゃぶりが強くなる。 「ん、んっ……せんせっ」 「美千、お前は樋山のを咥えてろって。すぐヨクしてやるから。お前なら大丈夫だよ」 仕方なく樋山先生のに唇を寄せるけど気になってしかたない。 矢崎先生の指はぬるぬると僕の中を探るように動いてて。 ゆっくりゆっくり動いてる感触が伝わる中で―――不意に。 「ッ、んっ?!」 変な感じがした。 よくわかんないけど、なんか、感じた。 「よかったな、見つかって」 低く笑う矢崎先生の声がする。指は変な感覚をさせる場所を繰り返し擦りはじめた。 「……っ、あ、や、ぁ」 「口動かせって。俺のがさびしがってるぞ」 「お前はまだいいだろ。俺のなんかずっとお預けだぞ」 「じゃあ扱いてやるから出せよ」 先生たちが喋ってるけど頭の中に入って来ない。 矢崎先生の指が動くたびにある場所を擦るたびにだんだんとそれが気持ちいいものだってわかりはじめていた。 「ぁっ、ん、ん」 樋山先生のを握ってぺろぺろするけど下半身への刺激にすぐ止まる。 お尻の穴ってこんな気持ちよくなるの? 穴の中を弄られおちんちんを舐められ射精感が強まってきた。 「ん、ん、あ、出ちゃ……っあ、ん出ちゃうよ……っ」 頭の中がなにも考えられなくって真っ白になってくる。 腰も脚もガクガク震えてる。 樋山先生の口の動きも、矢崎先生の指の動きも、激しくなってく。 ひとりでするときとは比べ物にならない大きな絶頂感。 僕は「やだっ、あっ、でちゃ、あっ、やぁ、んっあ」なんてここがどこだかっていうのも忘れて大きな声で叫んで。 目の前がスパークしたように弾けてチカチカして呼吸も何もかも止まっちゃったんじゃないかってくらい身体を強張らせて樋山先生の口の中へ吐精した。 味わったことのない強烈な絶頂。 射精だけじゃなくてまるでお尻の穴でもイっちゃったみたいな感覚。 身体を支えきれず僕は呆然と絶頂の余韻にどっぷりつかったまま樋山先生の身体に倒れ込んだ。 「本当に初めてなのか、こいつ」 「言ったろ。絶対才能あるって」 すぐに樋山先生が僕の下から抜け出し僕の身体は仰向けにされた。 焦点のあわない視界の中、先生たちが笑ってるのだけ遠い世界のことのようにわかった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

月夜の晩、唐突に現れた讃岐邸。法螺吹き少年と宇宙船。
1
1
2話 / 13,036文字 / 20
2018/6/29 更新
旅先で出会ったシスコン御曹司とブラコン妹に振り回されたり振り回す近代文明ファンタジー
大学生の清哉(せいや)は友人にある男を紹介される。
1話 / 3,012文字 / 0
1/7 更新
『英雄が残した子』である僕は、属性検査で平凡のβであった──
78
1
41
1
30
25話 / 18,068文字 / 89
3/31 更新
584
65
178
9
180
163
193話 / 94,301文字 / 162
2時間前 更新
大嫌いなくそ先輩上司と身体が入れ替わりました。