14 / 14

しあわせのかたちを手に入れるまで11

「心一郎さんにもはめてあげる」 「ぉ、おう。頼む」  竜馬の問いかけに小林はひどく照れながら、ずいっと左手を差し出した。その手にやんわりと触れて、右手に持った指輪を薬指に押し込んだ。  お揃いの指輪がそれぞれの薬指で煌めく様子を見てほほ笑んだら、小林の左手が竜馬の左手を掴み、ぐいっと躰を引き寄せられた。頼もしくて大きな腕の中に閉じ込められるだけで、安心感にすべてが包まれていく。  顔を上げると引き寄せられるように、愛しい人の顔が近づいてきた。捕まれている左手をぎゅっと握りしめながら、そっとまぶたを閉じる。    数秒後に重ねられた唇。浜辺でしたとき同様に小林の唇はカサついていたけれど、自分とキスしていることをが実感できるそれに、竜馬の胸が疼いてしまった。  誓いのキスのはずが互いに感極まって、離れられなくなっていた。 「んっ……」  鼻にかかった竜馬の甘い声が教会内に響き渡って、ハッとした。誰もいないとはいえ公の場での行為に目を合わせながら赤面しつつ、掴んでいた手を放して距離をとった。  妙な沈黙が余計に羞恥心を煽っていく―― 「竜馬、永遠の愛を誓うのと同じくらいに誓ってほしいことがあるんだけど」  ボソッという感じで告げられた小林の言葉で、竜馬は渋々顔を上げた。 「お前の悪い癖が、自分の中にすべてを抱え込んじまうことなんだ」 「そうですね……」 「これからは嬉しいことや悲しいこと、つらいことも全部、俺に打ち明けてほしい。一緒に分かち合いたいから、どんなことでも」 「一緒に分かち合う。これから……」  自分の持つ強い気持ちは人を傷つけてしまうものだという刷り込みが竜馬の中にあるからこそ、誓ってほしいと強請られた瞬間は躊躇してしまった。  でもそれを分かち合いたいと告げられた途端に、その考えは消え去った。大きな躰同様に広い心を持つ小林なら、自分の気持ちを易々と受け止めてくれると分かったから―― 「分かりました。心一郎さんに俺の全部を預けるんで、よろしくお願いします」  竜馬の答えに小林は満足げに頷き、右手を差し出してきたので迷うことなくその手を繋いだ。 「あっ、小林さんっ、忘れ物!」  歩き出した足を引き留めるべく竜馬は繋いだ手を引っ張り、祭壇の上に置きっぱなしにしていた指輪のケースと仕事用の帽子を手にした。指輪のケースはポケットにしまい込み、帽子を格好よく被ってみせる。 「行くか!」 「はいっ」  息を合わせたかのように同じタイミングで足を踏み出したふたり。  付き合いはじめたときはギクシャクしたからこそ、相手を思いやり慈しむことができた。これから先もずっと、それが続いてくだろう。  心を通い合わせながら笑顔があふれるふたりに幸あれ! 【おしまい】

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

エロなイケメン×純粋平凡高校生 ※エロ、不倫注意☆
543リアクション
131話 / 155,404文字 / 290
2018/12/8 更新
我が道を行く彼と我が道が見つけられず迷子なその恋人のハロウィンの一日
28リアクション
5話 / 8,751文字 / 60
2018/9/28 更新
あれから、トニーは帰ってきません。
1話 / 4,833文字 / 6
2018/11/28 更新
社畜で神経質な豹獣人α(38)×Ωを隠してるβ(24)
871リアクション
23話 / 29,968文字 / 840
3/31 更新
元ビッチの受けが健全な生活を送るために奮闘するお話(8/3から更新再開)
194リアクション
16話 / 29,921文字 / 130
7/25 更新
恋人に振られたその日、癒しに入った水族館で男が振られた現場に居合わせた。
14リアクション
1話 / 7,423文字 / 20
10/8 更新