7 / 251

06

「あー!腹減ったー!」 授業が終わった瞬間両腕で伸びをした佳威は、勢いよくこちらを向いて叫んだ。 「飯食うぞ!飯だ!飯!」 「お、おう!俺も腹減った。え、てか2人とも何?弁当?」 「んなわけねえだろ。俺は学食派」 ケーイチはともかく佳威はお弁当という感じでもないな、と思っていたらやはりそう答えた。ケーイチは?と振り向くと、俺も今日は学食なんだ、と微笑む。 「説明あったかもだけど、この学校には学食と売店があるから、好きなもの食べられるよ」 「あ~、そういえば先生が言ってたような…でも助かった。俺も弁当持ってきてないんだよね」 今にも鳴りそうな腹を抑えてそう答えると、グイッと腕を引っ張られて腰が浮く。 「んだよ、みんな学食か。んじゃとっとと行こうぜ!ほれほれ」 「うわああ、ちょ、待っ」 強引に引っ張られる形でそのまま佳威の後をついていく。どんだけ腹減ってんだよ、こいつ!つーか歩きにくい! 助けを求めるように振り向くと後ろから慌ててケーイチが追ってくるのが見えた。 「ちょっと、佳威!睦人困ってるから!そんな急がなくたって混んでないだろ」 「んなこたどうでもいいんだよ!ただ俺の腹がもう我慢できない走れって騒いで…」 「どんな腹だよ!自己主張激しいな!」 思わずツッコむと佳威の動きが一瞬止まってパッと手を離される。急な解放によろけそうになったところを今度はガバッと長い腕が俺の肩をしっかり掴んだ。ふわっと良い匂いがする。香水でもつけてんのかな。 「いいねいいねえ!睦人その調子で今後もよろしく頼むぜ」 なにがツボを得たのか不明だが佳威はとても楽しそうに笑った。 やっと横に並んだケーイチが呆れたように溜息をつく。 「睦人のこと気に入りすぎでしょ。分かりやすいんだから」 「え」 俺、気に入られてるの?それは友達として嬉しいけど。 「なんだよケーイチ、ヤキモチか?大丈夫大丈夫。俺はお前のことも気に入ってっから」 「そりゃどうも」 「ケーイチ目がすわってる…」 「気にしないで!睦人。こいつずっとこの調子だから」 「に、賑やかで楽しいじゃん。な!」 佳威の相手は疲れました、とでも言わんばかりのケーイチになんとか場を和ませようと言葉を探す。 「俺、好きだよ!こうやってみんなでわいわいするの」 「だよなあ?やっぱ睦人とは気が合いそうだわ!……なんかお前、すっごいいい匂いすんな」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!