14 / 14

第14話想いは永遠に2

それから数日に 火葬だけを済ませ、 俺は遺骨を持ち、 都内を離れた。 俺は会社も辞めて総てを捨てた。 日本が好きだったアラン。 俺は美しい海を選び、 僅かな遺骨を海に流した。 残りを大事に大事に 抱え、俺はアランの故郷へ。 船の上、キラキラと 散りゆくそれを見て、 「アラン…………、おやすみ」 涙を堪え胸に下げたペンダント。 それを握りしめ涙を拭う。 アラン────、 これだけは俺に持たせて欲しい。 小さな小さな骨の欠片を 片時も離さず生きていく。 アランを愛した証に。 楓23歳────、 彼がそれからどうなったのか 誰も知らない。 ~END~

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

金と引き換えに売られた俺…
3リアクション
15話 / 55,433文字 / 20
9/30 更新
15年付き合ってきた浮気癖のある恋人と別れた信は、夏祭りの夜にある人と出会い──新たな恋がはじまる
8リアクション
1話 / 1,235文字 / 54
2018/12/31 更新
告白してきた親友は次の日いなくなっていた。
21リアクション
5話 / 3,189文字
6/10 更新
鬱で高校を中退した誠。耕二という年上の男性に街で拾われる。
1話 / 6,308文字 / 0
7/14 更新
完結
突然の恋人との別れ。彼の幻。
1話 / 1,388文字 / 0
7/26 更新
連載中
雪花
村の古い言い伝え「冬に愛された者は春を見ることが出来ない」君は僕の春だった。
19リアクション
8話 / 7,642文字 / 0
1時間前 更新