14 / 14

第14話想いは永遠に2

それから数日に 火葬だけを済ませ、 俺は遺骨を持ち、 都内を離れた。 俺は会社も辞めて総てを捨てた。 日本が好きだったアラン。 俺は美しい海を選び、 僅かな遺骨を海に流した。 残りを大事に大事に 抱え、俺はアランの故郷へ。 船の上、キラキラと 散りゆくそれを見て、 「アラン…………、おやすみ」 涙を堪え胸に下げたペンダント。 それを握りしめ涙を拭う。 アラン────、 これだけは俺に持たせて欲しい。 小さな小さな骨の欠片を 片時も離さず生きていく。 アランを愛した証に。 楓23歳────、 彼がそれからどうなったのか 誰も知らない。 ~END~
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

大富豪宅でクリスマスを過ごすことになったバイト学生春川くんと、春川くんを見守る大富豪と執事とオネエ
10
5
16
3
1
8
10話 / 28,743文字 / 374
2017/4/4 更新
中学時代、淡い恋心を抱き合っていた先輩と後輩は、十三年のときを経て、刑事と復讐鬼として再会する。
1
3
40
75
11
60
72話 / 48,184文字 / 18
2017/7/10 更新
冴えないバツイチリーマン×ビッチな裏の顔を持つ苦学生
10
6
26
7
1
24話 / 104,854文字 / 32
2018/3/31 更新
生きる 自分に取って当たり前の日常は 彼等にとっては当たり前では無かった
1
1
10話 / 7,577文字 / 0
2018/10/16 更新
連載中
酔芙蓉
雪のように白い肌に咲くのは……?
240
38
60
56
39
76話 / 62,263文字 / 199
8/5 更新
辛い過去も、悲しい記憶も、すべてを包み込む愛。
2
1話 / 1,291文字 / 0
23時間前 更新