2 / 912

出逢い2

「なんだって?ここで男と同居!?」 会社の人事部からの電話を受け、思わず携帯を落としそうになった。 私は張矢 丈 (ハリヤ ジョウ) 医師としての資格を活かし製薬会社で新薬の開発をするメディカルドクターとして、ここ数年働いている。 街外れにあるテラスハウスで気ままな一人暮らし中だ。 会社の寮などまっぴらだと突っぱねてみたら、医者である私への待遇としてわざわざ用意してくれた借り上げ社宅のようなものだが、ここは居心地が良い。 私は昔から一人でいるのが好きだ。 会社までは少し遠くなったが、この家は昼夜問わず研究や仕事に没頭出来るし、誰にも何も気を遣わないので済むので気に入っている。 「なんでわざわざここに同居させる?相手はただの新入社員だろ?そんなのボロアパートでも何でも良いのでは?」 「丈先生、そんなことおっしゃらずに…何しろアメリカの大事な取引先の息子さんなんで、こちらも無下に出来ず。どうしてもそれなりのシェアハウスが空いていないのです。ここはどうか…」 人事の職員も譲らないので、結局引き受ける羽目になってしまった。 「ありがとうございます!もうすぐそちらに到着すると思いますのでよろしくお願いします!」 「おいおい…最初からそのつもりか」 ため息交じりに通話を切った。 「はっ コネ入社のお坊ちゃまか…やれやれ」 どうせ、なよなよした奴だろう… 俺は他人に興味がない。 そんなことよりも、厄介なことになったな。 この家に一人でいるのが心地よかったのに… 通話が終わった後も苛々した気持ちが落ち着かず、部屋をウロウロしていると、インターホンが鳴った。 もう来たのか。 **** モニターに映る新入社員の顔は、俯いていてよく見えない。 やっぱりずいぶん若い奴だ… ただそれだけの感想だ。 まぁ私はもともと他人に興味がないので、どんな顔をしていようと、どうでもいい話だ。 「オートロックだから開いている。入って来い。」 リビングのドアが開いて中に入ってくる気配がするのを確認し、PCのキーボードを打ちながら 振り向きもせず、必要事項だけ教えた。 「鍵はその机の上、門限なんてない。私は仕事をここでする時と君が通う本社に行く時と、日によって違う。だから私をあてにするなよ、新入社員くん」 「君の部屋はその廊下の突き当り右。バストイレ共有。キッチン?ご自由にどうぞ。とにかくお互い干渉なしにしてくれ」 一気にここまで言っても何の反応もないのが気になり振り向くと、その男はもう突き当りの角 を曲がり部屋に行こうとしていた。 「な…何だ?人の話もろくに聞かないで…」 少し気になって、その男の後ろ姿を眺めている自分に驚いた。 若いな…それにすっきりとした綺麗な後ろ姿だ。 一体どんな顔をしている? 私がこんなことを思うなんて珍しい。 だがドアがパタンとしまる音と共に、私はまた仕事に没頭した。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!