18 / 913

雨に濡れて 3

あと一駅、もう少しの辛抱だ。 案の定電車に乗ってすぐ、俺の尻を誰だか分からない手が執拗に撫でてくる。 「くっ…」 身をよじって避けても、その手は吸い付くように離れない。 全身に悪寒が走り身体がぶるっと震えるが、俺は唇をきゅっと噛みしめ 顔を俯き、時間が流れるのをひたすらに待った。 もう毎度毎度のことなので、身体が慣れてきているといえばそうなのかもしれない。 幸い今日の手は控えめに後ろを蠢くだけだ。 この位ならこのまま後数分だけ耐えよう。 ターミナル駅に着くとその手も人混みではじけ、俺はようやく自由を取り戻す。 ホームに降りて冷や汗を拭いながら暗いため息をつき、スーツの皺を整えていると 、後ろから突然声をかけられ驚いた。 「洋…お前大丈夫か?」 少し青ざめた丈の表情に、見られていたのか?と急に恥ずかしさが込み上げてくる。 「丈、いつから見ていた?俺のこと…」 「やっぱりそうか。洋、お前なんで抵抗しないんだ? 私は気が気じゃなかったぞ!何故助けを呼ばない?」 丈に問い詰められるのが気まずく無理やりに笑顔を作りって答えた。 「俺…慣れているから。こんなこといつものことだから。この位は大丈夫だ」 それは嘘だ… 前なんて近くのサラリーマンに助けを求めたら 、そいつまで俺のことを触り出して、前からも後ろからも攻められ散々な目に遭ったんだ…とは流石に言えなかった。 「ふざけるな!私が大丈夫じゃない!」 珍しく落ち着いている丈が大きな声をあげたので、驚いて顔を見つめると ひどく辛そうな顔をしていた。 「丈…?」 何故、丈がそんなに怒るのか分からないよ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!