23 / 920

雨に濡れて 8

玄関の戸を力任せに閉めた俺は、びしょ濡れのまま自室に駆け込み、そのままベッドに倒れこんだ。 「くそっ!なんだよ、さっきの…丈の奴っ」 なんでこんなにショックを受ける? 丈は男じゃないか… 女とキスするなんて当たり前のことだろ? なのに、何故俺の胸はこんなに痛い? 濡れた体を拭こうと思ったが、気力が起きない。 外は土砂降りの雨。しかも遠くに雷が轟きだした。 雨の音…雷… 心の奥に閉ざしたあの忌まわしい記憶が蘇り始める。 俺はその記憶が蘇ることに怯え、震える身体を抱きしめる。 嫌だ! 思い出したくない! だが記憶は勝手に俺の脳裏に溢れ出してしまう。 **** あれは高2の夏休み直前。 うだるような蒸し暑い日の出来事だった。 プールの授業が終わり、いつものように幼馴染の安志(あんじ)と冗談を言いながらロッカーで着替えていた。 「おい、安志!職員室にすぐ来いって、担任が探していたぞ!」 廊下から同級生から声がかかった。 「おお!分かった~今行く」 「よっし!ちゃんと着替えたな。洋も早く教室へ行けよ。一人で大丈夫か?」 「ふっ…安志は本当に心配症だな、大丈夫だよ」 「じゃあ教室で!」 「あぁ」 少し心配そうな表情を浮かべた安志がロッカーを後にするのと入れ替わりに、いつも俺のことを遠くから執拗な視線でニヤニヤ 見ていた上級者3人が、ロッカールームに突然入ってきた。 気がつくとロッカールームには、もう俺しかいない。 ロッカーの中は、先ほどまでの晴天が、雨雲に隠れ薄暗くなっていた。 嫌な予感がし、濡れた髪の毛を乾かしていた俺は慌てて外に出ようとしたが、いきなり腕を後ろから押さえつけられた。 「なっ!何をする?」 俺はその手を慌てて振り解こうと暴れるが、もう一人に口を塞がれ、肩を壁にきつく押さえつけられた。足がガクガク震える。 「離せっ」 最後の一人が俺の前に立つ。 「お前の身体いいよな。唆るぜ。さっきも水泳の授業見ていて、興奮したぜ!」 「その顔も最高に綺麗だ!もうとっくに男を知ってるんだろ?」 「ほっとかないよな~こんな綺麗な奴!もう我慢できねぇ!やらせろよ!」 そいつらは、代わる代わる卑猥な言葉を話しながら、恐怖で立ちすくむ俺の白シャツのボタンを慣れた手つきで一つ一つ外していく。 さらに慣れた手つきで腰のベルトも外され、今着たばかりの制服のスラックスを一気に下げられてしまった。 「なっ…やっ!やめろ…」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!