24 / 1011

雨に濡れて 9

抵抗したかった! だが、口を塞がれ手の自由も奪われた状態では、俺は恐怖に震えることしか出来なかった。 ただただ…怖かった。 上級生はいきなり、ボタンを外したシャツを大きく左右に開き、俺の何も知らない胸の突起を舐めまわし出した。更に舌で転がし弄んでくる。 途端に全身に嫌悪感が広がり鳥肌が立ち、悔しさと恐怖の涙が滲み出てくる。 嫌だっ! 触るな! 心の中でいくら叫んでも、喉が震え声にならない。 興奮してきた上級生はロッカールームの床にそのまま俺を押し倒し、馬乗りになってくる。 一人に手の自由を奪われ頭上で押さえつけられる。 もう一人はばたつく足を押さえ、最後の一人は俺の身体にまたがり口を分厚い唇で塞いだ。 声を出せないように… うっ…気持ち悪い 唇が離れるたびに顔を背けどうにか逃れようとするが、すぐに顎を掴まれ、また奪われる。 逃げたくても、頑強な男3人に押さえつけられた俺は無理やり犯され、女のようにただ震えるだけで、抵抗らしいものなんて何も出来なかった。 さらに男の手が俺の股間に伸びていく。 俺のものを下着の上から乱暴に弄り、揉み出す。 「痛っ!」 「おい!これ使えないか?」 足を押さえていた男が手にベビーオイルのようなものを持っている。 「おっ!お前いいもん持ってるな!貸せ!」 俺は最後の肌着を一気に降ろされ、強引に足を開かされる。 あっという間に誰にも見せたことがない有りえない姿にさせられ、驚きと恐怖から頭が真っ白になっていった。 「や…やめっ…あっ…うっ…」 あまりの恐怖に喉からうまく声が出ない。 更にありえない場所にローションをかけられ、そこに上級生の太い指をいきなりグイッと挿し入れられた。 「つっ!…い…痛い…やめろ!」 身体の中に異物が入っているおぞましい感覚と痛みに、俺はビクンとのけぞり激しく足をばたつかせ抵抗した! 体中から一気に冷や汗が噴き出す。 駄目だ。やられる… 「こいつっ!せっかく馴らしてやろうと気を使ってやったのに生意気な!」 指を抜き、舌打ちしてる。 「一気にいくぜ!」 「や…やめろ…やだ!!!!!!!!」 今度は指でなく、男の生暖かいものの感触が伝わってくる。 そしてまさに今、俺の中に無理矢理入ろうとしているものを凝視できず、目をぎゅっと瞑った。

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

連載中
shino Ⅱ
【R18】『shino』から2年後のお話です。
...2,187
57話 / 49,889文字 / 1,648
2018/9/25 更新
小学校教師の片倉が父兄でカメラマンである久川になすがままにされてしまう短編。
2
1話 / 9,899文字 / 20
2018/5/13 更新
復讐を誓った俺。
1
4話 / 7,569文字 / 0
2018/12/30 更新
R18/「――好きだ」 耳元で何度も囁かれた言葉が、 俺を狂わせる。
...152
82話 / 60,830文字 / 160
2018/12/23 更新
耽美BL小説アンソロジー
4話 / 33,769文字 / 0
3/1 更新
腹黒計画系王子×鈍感地味系男子 ~僕は、ある日、王子様と出逢う。…それが、計画内であるとも知らずに…
...26
12話 / 6,869文字 / 0
3/10 更新